コロナで資産の増加、世界ヘルスケア金持ちTop 10


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20200517151548p:plain

世界保健機関(WHO)が新種のコロナ・ウィルスの・パンデミック(世界的大流行)を宣言した3月11日以降、全世界の株式市場は暴落し、ダウ平均株価は1987年以降最悪の下げ幅を記録した。


株式市場は、その後やや回復されたが、そんな中でも全くダメージを受けず、徐々に上昇傾向が続いてきたのが、医療関連企業の株式...


スポンサードリンク
 

 

新型ウイルスの流行を終結させるために必要なワクチンと治療、検査装備の開発に参加する企業の株価は、最近2ヵ月程度に急上昇しており、これにより、新たな億万長者(保有資産が10億ドル以上の資産家)が1人誕生しており、少なくとも9人の億万長者が保有した資産を大きく増やしたという。


新たに億万長者の班列に上がったのは、米国マサチューセッツ州に本社を置く運転ダナのステファン・バンセル最高経営者だ。 この会社は3月16日、新種のウイルスに最初にワクチン臨床試験をシアトルで始めた。 バンセルの保有資産はWHOの・パンデミック宣言の際、7億2000万ドルだったが、モウダナ株式は、その後103%上昇し、バンセルの資産を15億ドルに押し上げた。

 

f:id:bryan0230:20200517151606p:plain

バンセルの保有資産は4月2日、モウダナがワクチンの第2相臨床試験開始を計画しているというニュースによって、会社の株が上昇したことによって10億ドルを突破した。 資産の増加率は一連の富豪のうち最も高い109%だった。 増加率が二番目に高かったことはディアソルリンのクスタボ・デネグリの32%(保有資産11億ドル)で、イタリアの生命工学企業ディアソリンの株式45%を保有しているもので、資産を大きく増やした。

 

資産の増加額が最も多かったのは、バンセルが2011年までCEOを務めた診断製品メーカー、ビオメリュを創業したフランスの富豪のアラン・メリュと韓国のバイオ製薬会社セルトリオンの徐廷珍(ソ・ジョンジン)会長に2人だ。 いずれも3月11日から資産を15億ドル増加させた。 ビオメリュとディアソリンの両社は3月下旬に新種のウイルス診断キットを発売しており、新種のウイルスの検査体制の強化に重要な役割を果たしている。


次は、新種のコロナ・ウィルスの流行に従って、3月11日から資産を増加させた"ヘルスケア金持ち"10人だ。

 


-ステファン・バンセル

国籍:フランス

総資産:15億ドル(3月11日から109%増)

資産の供給源:運転ダナ


-グスタボ・デネグリ

国籍:イタリア

総資産:45億ドル(32%増)

資産の供給源:ディアソルリン


スポンサードリンク
 


-徐廷珍(ソ・ジョンジン)

国籍:韓国

総資産:84億ドル(22%増)

資産の供給源:セルトリオン

 

f:id:bryan0230:20200517151625p:plain

-アラン・メリュ

国籍:フランス

総資産:76億ドル(25%増)

資産の供給源:ビオメリュ


-や否やオエルリ

国籍:スイス

総資産:32億ドル(10%増)

資産の供給源:ロシュ


-レナードシュライポ

国籍:米国

総資産:22億ドル(11%増)

資産の供給源:リジェネロンパマシュティコルス


-ジョージ・ヤンコプルクス

国籍:米国

総資産:12億ドル(14%増)

資産の供給源:リジェネロンパマシュティコルス


-トーマス・シュトゥルエンが

国籍:ドイツ

総資産:69億ドル(11%増)

資産の供給源:バイオ・アンド・テク


-リサティン

国籍:シンガポール

総資産:126億ドル(1%増)

資産の供給源:ミンドゥレイ


スポンサードリンク