"ライム病闘病中だ"と闘病告白したジャスティン・ビーバー


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20200425000747p:plain

ポップスター・ジャスティン・ビーバーがライム病闘病事実を伝えた。

ジャスティン・ビーバーは9日、自分のインスタグラムのアカウントに"多くの人たちがジャスティン・ビーバーが麻薬をするようだと言ったが、事実ライム病の診断を受け、闘病中だ"と話した。

 

f:id:bryan0230:20200425000809p:plain


スポンサードリンク
 

 

米国の芸能メディア'TMZ'はこれに先立ち、"ジャスティン・ビーバーがライム病で闘病中だ"と単独報道した。 以降、ビーバーが直接ファンに自分の病気について告白したのだ。

 

f:id:bryan0230:20200425000856p:plain

ライム病はダニが移す細菌性感染症である。 第2のエイズと呼ばれたりもする。 ダニに噛まれてボレルリアギュンが身体に侵犯、多くの機関に病気を起こす。

ビーバーは"ライム病診断とともに皮膚、脳機能障害など健康に影響を及ぼす慢性疾患も得ることになった"、"この話は、ドキュメンタリーシリーズを通じて伝える"と説明した。


スポンサードリンク