「ラビオリパスタ」に似た「ヒトデ」発見した海洋科学者

f:id:bryan0230:20190715231000p:plain


スポンサードリンク
 

 

去る7月4日、米国の海底で奇妙なヒトデが見つかりました。

米国海洋大気庁(NOAA)の研究員がサンゴ礁と海底を調査してから発見したんです。

 

f:id:bryan0230:20190715231014p:plain

イタリア長方形パスタ」ラビオリ」に似たこのヒトデは1884年に最初に発見されました。

学名はフリンタマスターデンタトゥースです。別名「クッキーヒトデ」と呼ばよ。

しかし、発見されて以来、生態がほとんど知られていない学術的価値が非常に高いとします。

 

f:id:bryan0230:20190715231032p:plain


スポンサードリンク
 

 

NOAAの研究員が調査した結果、このヒトデの生息地は、海底洞窟だったんです。大きなウニとありました。

ヒトデとウニが共生関係であることをお互いに戦うかは知られていません。

 

f:id:bryan0230:20190715231051p:plain

一方、最近では、ズボンを失ったパトリックのような姿の「お尻ヒトデ」が話題になったんです。

次はまたどんなヒトデが登場するか気になることもあります。