吉根京子が"号泣!"!番組収録中に"大丈夫?"と心配の声が...

f:id:bryan0230:20190522171502p:plain


スポンサードリンク
 

 

女優バングン京子が5月21日『ないで全部の話』(テレビ東京系列)に出演。自分の"トマト愛"について話したが,突然涙を流しながら泣きじゃくる場面が出た。視聴者たちは,"純真な人だ"と感嘆しながらも,"あまりにも感情的だ"という言葉まで出ている。

 

バングンは2016年の朝ドラ『美人さん』でヒロインを務めて大ヒット。今年は俳優・松ジャカト鴨などとともに時代劇映画『眠気半音』(5月17日公開)に出演するなど活躍を続けている。

番組の中の社会人ソ·ボクジョン学兵から"映画は時代いつなの?"という舞台になった時期を聞くと,本当に頭が良くなくて..." 違いは分からない"と頭を抱えた。

 

鶴ベガ"にも時代やつ"とフォローを入れて"江戸時代は256年ほどある"とその長さを強調すると、急にバングンは"鈴花が...はい?"と戸惑う。これに鶴瓶は"鈴花が二百何年も持続できないよ!""徳川さんという人が二百何年生きてきたわけではない"とトラック築いていた。


スポンサードリンク
 

 

またプログラム中,トマトの品種"ラブリー桜"が好きだという放根のため,以前,方根が訪れた経験があるという北海道·ニセコのトマト農園をスタッフが訪問。今でも防勤と農園は連絡を取り合っているジマン,VTR越しに久しぶりに見た農園の家族の姿に,放勤は突然号泣"どうして泣いているのか"と涙を拭った。

 

視聴者からは放根の知識が足りなくて

 

ポンコツキが愛しい。

《方根京子》くらいのかわいい馬鹿枠組みなら...

 

という音もあったけど,

 

《(ドラマ,映画の役割だけでなく)本体もバカか...

《ほねさん,日本史はとても下手ですね》)

《バカモードのときの目丸となる顔になる------->

 

とあっけない声も。

さらに収録中に急に泣き出したことにも,

 

方根よ,大丈夫?'

《すごく泣いてるじゃん》

《感情が豊かなのは確かに女優の方向だ。 ともすれば情緒不安定になりやすいので,気を付けてほしい。

 

心配になった。

防筋は意外性のあるキャラクターで,バラエティーでも活躍できるかもしれない。


スポンサードリンク