"すべての人が泥棒と思っている"と勝吉夏吉夏の"用心深さ"に輪着する。

f:id:bryan0230:20190522170547p:plain


スポンサードリンク
 

 

タレント若槻千夏が5月21日『踊る!さんま屋敷!(日本テレビ系)に出演"他人の家を訪れたときに必ずチェックする"と明らかにした。これを通じて,家が盗みを働くことがないよう,慎重に対策している"と告白したが,視聴者たちは"神経過敏だ"と反発している。

 

"世界の人をみんな泥棒だと思う"と署名した若槻は,友人の宅を訪れたときに家の鍵を閉めようとすると,"そのままでいい"ということに不満があるという。"泥棒が来るんだって?"と,友人のセキュリティの緩みにあきれてしまうと明かした。

 

知人の家に行って保安検査"危機管理能力が低い"

さらに,"友人の家の玄関の前に靴がいくつか付いているのを見ると,家族構成がバレエではないかと思う"と話した。自分が泥棒の被害を受けた経験がないと言うが,常に危機管理能力を高めようとしている"とし,"すべての人を泥棒と考えるためだ"と繰り返し強調した。


スポンサードリンク
 

 

ここでヒロミが,玄関の靴の数について"家族構成を知ったときどうでもいいじゃないか"と指摘した。しかし若月はこれをかすめて話を続け,"絶対危機管理能力,低見合い,考えてしまう"などとセキュリティが甘い家庭に怯えていた。

 

インターネットでは若槻氏の慎重さに頷く視聴者もいたが,他人の家のセキュリティをチェックする若槻氏の行為に首をかしげる声もあった。

 

《それは能力が高いというより神経過敏といった方がいいんじゃないか?》

《訪問したところの家の鍵を閉じなかったことでしょう。あの家の人が閉めなければならない。触るな。私はそんな人は完全に落ちる感じがして嫌です。

《はかつきジナツみたいな人,家に招待したくない>

泥棒と思われて滞在するのか? 何か消えれば"あいつだ"って犯人を特定してもらうの? 変な人

 

などの声も,インターネットでは賛否両論が沸き立った。

危険なことが多い昨今。慎重にしたことはないが,わざわざテレビで言うこともなかったかもしれない。


スポンサードリンク