ポンポットと一見で視聴率惨敗を喫したのを喜ぶイッテQ!出演者とは

f:id:bryan0230:20190520005350p:plain


スポンサードリンク
 

 

視聴率が取りにくくなった 現代で20%台を記録するなどの娯楽物系の頂点に君臨した『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系列)。しかし,今はライバルに太刀打ちできるようだ。

 

現在"いっしぃQ!"の裏には"ポッツンと一軒家"(テレビ朝日系)が放送され,視聴率を争っている状態。"ポッド"が"いっしゅう!"を超えたときには多くのインターネットニュースで扱われるほどの話題となった。

 

この5月5日放送回では『イッテQ!』が13.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)で『一軒』が17.7%でこれ以上『一軒』が王者として君臨しているほど差があった。

 

"当初,"ポットンと"は不思議なものに見られているだけで,すぐに"イッテキュ!"の一強に戻ると思われていたが,最近になって"ポットンと"はさらに数字を上げている。

 

あの企画が復活?

 

数字で負っているのはもちろんだが,経費という点では,さらに"いっしぃ!"はきつくなっている。


スポンサードリンク
 

 

"人気芸能人を起用し,海外で大規模撮影をしている'イッテQ'に対し,"ポットンと"はスタッフが日本中を回るだけ。・プログラムの経費は'イッテキュ!'が数倍高いですよ~『一軒』は〝採用率1割〟の過酷なロケで得た映像を流しているため、一見すると、こちらもかなりお金が入っているようだが、番組スタッフの人件費などの芸能人に比べれば、ないも同然。海外と国内という点でも比較にならないでしょう。

 

'イッテQ!'に関しては,所在地も否定できなくなった。もともと同じ企画を順番に回していたが,エース格の"足長祭り"企画などがスキャンダルで中止へ。やはりこの件がかなり効果があるようだ。

 

このままずっと下がると"祭り企画"の復活が現実味を帯びてきます。'イッテキュ!'なら逆にネタにして大々的に復活させる可能性もあるそうです"

パトとが一生懸命やればできるほど,お祭り男である宮川大輔はそれとなく喜んでいるかも?


スポンサードリンク