福山雅治"集団左遷"今すぐ"ミスキャスト"平分出で俳優廃業危機

f:id:bryan0230:20190520003914p:plain


スポンサードリンク
 

 

現在放送中のTBS日曜劇場"集団左遷!!""へ,今さら'ミスキャストだ'の声が噴出している。このドラマは福山正治が主演。5月12日放送の第4話までの平均視聴率は10.8%で、これを良くみか悪いと見るかどうかは微妙である。

 

"日曜劇場はその『漢字と直樹』(前編の平均視聴率28.7%)を生んだドラマの名門枠。最近、10本で平均視聴率10%前後が4本あったが、17%台、16%台1回ずつ14%台2回13%台2回と6割の作品が13%を超えています。"集団左遷!!どうでしょうか"(ドラマライター)

集団左遷!!』は第2話と第4話ですでに10%下落を記録。今は初回に記録した13.8%の貯金で持っている感じだ。


スポンサードリンク
 

 

"福山は切羽詰った銀行マンを演じているが,何かそれを感じさせない。どこかタレント主演しており,リアリティが足りません。すぐに白をさらけ出し,どう見ても顔に結末がない。完全にミスキャストです。

 

危機感が感じられないキャラクター

 

福山受け持った主人公の銀行員·片岡広司は不合理なことも"会社で生き残るためのものだ"と考えるサラリーマンの典型。片岡はある日、50歳を控えて支店長昇進人事を受ける。その喜びもつかの間,赴任地は廃店が決まった"鎌田支店"だった。上層部からの"無事に閉店時には本部に戻して優遇する"という甘言に,半信半疑したまま支店長に就任する。

 

"平田に閉店すれば自分の責任となるのはサラリーマンの常例。神田支店には意欲的な人間も多く,片岡も売り上げを作るために奔走するが,あまり審査もせずに融資に取り組むなど,見かけによい銀行員とは言えない。どうしても支店長の器という感じがしません"


スポンサードリンク
 

 

敷地店長の摩耶徹は香川照之が務めている。実際の年齢は香川のものが福山より3歳上だし、『漢字と直樹』にはチョアクヨク商社で出演した。年が上だから福山の富めと言うのも,どこかイメージとギャップが大きすぎる。

 

"福山はどちらかというと,本当にムードの私の家にある。 どうも殺到したサラリーマンの姿が浮かばない。さらに、フクヤマは、前回の出たドラマ『ラブソング』(フジテレビ系列)が平均視聴率8.5%に墜落した俳優です。反撃は難しいかもしれません"

 

フクヤマは、2015年に女優の吹石一恵と結婚したことで人気が急降下して負傷の契機を掴めずにいた。今回の悪評を見れば,残りの視聴率によって異なるが,俳優の廃業も具体化しそうだ。


スポンサードリンク