中国戦闘機とミサイルを無力化する日本の秘密兵器

f:id:bryan0230:20190324154117p:plain

中国は、数年前から超音速ミサイルとステルス機の開発や輸入に熱中していました。別名航空母艦キラーと呼ばれる東風21D超音速弾道ミサイル銀の実戦配備を終わった状態と2千キロ以上離れた米航空母艦などを打撃できるミサイルで、米国また、このミサイルに大きく緊張しています。


スポンサードリンク
 

 

ステルス戦闘機は数台の試作機を作って試験中であり、代表的にはJ-20科FC-31このあります。J-20は現在最強の戦闘機ラプターに対抗するために作られたが、ラプターには及ばないというのが専門家たちの定説です。

 

f:id:bryan0230:20190324154134p:plain

しかし、大きな胴体のおかげで、内部ムジャンチャンが大きくなって強力な性能のミサイルや各種の爆弾などを数発装着してもステルスソンを維持できるために未来にも今のように、中国が、持続的に大量の金を投資さえすれば、他の5世代戦闘機に比較しても全く引けをとらない立派な戦闘機になる可能性が高いですF-35の対抗馬と主張しているFC-31は、中国が輸出を目標に開発を行っているステルス戦闘機にF-35をそっくりであるた表面的な面を除いては、レーダーやエンジンなど様々な性能面で考慮すべき事項が多く、実際の性能がF-35に準じないだろうという見方が強まっています。

 

f:id:bryan0230:20190324154207p:plain

このような中国軍の新兵器は、米国はもとより、日本も緊張させるが、日本はこれに備えて秘密兵器を導入しました。すぐに空中早期警報機であるE-2Dアドバンストホークアイとなります。


スポンサードリンク
 

 

E-2Dは、米国の安保専門メディア'さらにナショナルインタレストが中国のステルス機を無力化する日本の秘密兵器と挙げた航空機です。米国務省は2015年6月1日、日本にE-2D改良ホークアイ空中早期警報統制機4台を販売する契約を承認しました。

 

f:id:bryan0230:20190324154222p:plain

▲ 従来に日本が運用していたE-2C

 

ヘデャン契約には防衛産業メーカーノドゥロプ・グラマンが製作したE-2D改良ホークアイ空中早期警報機4台とエンジン10個、APY-レーダー4基、その他の装備などが含まれ、販売代金は約17億ドル規模です。日本は現在移転モデルであるE-2C 13機を運用ジュンイイが、日本はE-2Dを2019年から実戦配置し、究極では全て代替する計画であることが知られています。

 

E-2Dは、中国のステルス戦闘機脅威を無力化して日本に強力なミサイル防衛能力を提供する早期警報機と評価したが、TNIはE-2Dが機械式と電子走査式のハイブリッドUHFバンドレーダーを搭載しており、このレーダーは、米海軍の最先端対空火力統制体系である海軍合同火力統制対空網(ニプカ)に連動しているのだと説明しました。

 

f:id:bryan0230:20190324154308p:plain

▲ 戦闘、情報ネットワークニプカの概念も

 

ニプカは最前方で空中早期警報機が獲得した情報を水上艦艇や潜水艦、航空機がすべて共有するチョントゥチョンボネトゥワークです。従って、日本はE-2Dの導入で中国のステルス機を探知するだけでなく、その情報を米海軍に知らせ、共有することによって、中国に対抗する日米合同作戦の力量を大幅に高めることができる航空機であるわけです。

 

f:id:bryan0230:20190324154331p:plain

E-2Dは従来のE-2Cを改良したものであり、機体の大きさは似ているが、中身は最新のものに改良されて性能がタクウォンハた航空機と言えますニミッツ級航空母艦から運用するように制作されたこの航空機は長さ16.60m、翼の幅24.56m、高さ5.58mで最大離陸重量は26.083tであり、ロールスロイスの強力なターボプロップエンジン2基を装着して、最高時速648kmの速度を出します。


スポンサードリンク
 

 

巡航速度は474km、航続距離は2708kmであり、最長6時間滞空します。操縦士と副操縦士、レーダー管制官、戦闘情報センターの将校、航空機統制官ら5人が搭乗します。

 

f:id:bryan0230:20190324154352p:plain

アドバンストホークアイの変わった姿は抗戦装備でその中でもロッキードマーティンのAN/APY-9 UHFバンドレーダーが中核中の核心装備です。このレーダーは、従来のE-2Cホークアイよりさらに遠距離で、より小さな標的を探知します。なんと556km以上、前方のピアを識別してレディオ、探知距離が外標的を探知分類します。特にUHFバンドレーダーは、周波数が300メガヘルツ~1ギガヘルツ、波紋が10cm~1mである電波を利用してステルス機を探索、追跡します。

 

f:id:bryan0230:20190324154410p:plain

通商ステルス機は機体の大きさやレーダー吸収塗料を一定量以上を塗ることができないという制約のせいにKa、Ku、X、Cバンドの高周波とSバンド一部の周波数に対応するように設計されます。B-2のように規模が大きなステルス機は広い帯域に対応できるが小型ステルス機はステルスソンを発揮する周波数帯域を制限したり、ステルス設計そのものを放棄するしかないです。

 

中国のJ-20やJ-31、ロシアのパクファ、、甚だしくは米国のF-22F-35もこのような機体に該当し、全世界最強だと自負する該当ステルス戦闘機もアドバンストホークアイの目を避けることはできません。

 

f:id:bryan0230:20190324154450p:plain

E-2Dの導入で日本は中国ステルス機とミサイルを早期に探知、追跡、破壊できる道を確保しました。先立ってちょっと言及したAPY-9レーダーの正確な追跡能力は超音速対艦ミサイル、探知率が低い巡航ミサイル弾道ミサイルなどに対する水平線の外にミサイルの攻撃を容易にすることであり、中国のJ-20とJ-31投資を無用の長物につくることもできます。

 

特に日本が多数保有したF-15JとF-35戦闘機、その他他の戦闘機が米軍のニプカール・活用できるように改良すれば、中国ステルス戦闘機の無力化能力はますます高まるものと見えます。


スポンサードリンク