最新式のステルス戦車アール又の対抗馬レオパルト3

f:id:bryan0230:20190324150341p:plain

まだ秘密に積まれているアルマタの具体的な諸元は秘密に付されているが、現在知られたところでは1千500馬力のガスタービンエンジンを装着しており、特殊合成鉄板で防弾性を高め、総重量は50tに達し、高解像度のビデオカメラで外部を観測できる電車です。


スポンサードリンク
 

 

最も主要な特徴はすべて電車で最も脆弱な砲塔部分には乗組員が配置されないという点だとし、その代わりに2~3人にのぼる乗組員全員がタンク内部の前面部にある特殊の保護用カプセルに配置され、全世界で最も安全に任務を遂行することができると製作会社である'ウラルパゴンジャボード(ウラル、車両製作所)'側は主張します。

 

f:id:bryan0230:20190324152843p:plain

また、120mm主砲は従来のT-90より精度を15~20%高めてドイツ主力戦車であるレオパード-2のラインメタルRh-120砲より優れている、自動砲弾装填機能と電子化された照準機能を備えており、砲身とともに砲塔も360度回転が可能で、遠距離にあるヘリと無人機を撃墜できる30mm高射砲も装着されて敵歩兵を相手するための12.7mm機関銃も配置なった状態です。ここに加えてステルス機能まで備えるようになり、さらに人工知能と結合した戦車まで披露する計画だと明らかにしました。

 

f:id:bryan0230:20190324152912p:plain

▲ T-14期動画

 

ドイツ紙ディベルトはアール又について"T-14がまだプロトタイプに過ぎないが、数年内で最高水準の量産モデルが出るだろう"としながら、この電車が欧州に軍事的脅威になりかねないと分析しており、これを向けて、ドイツやフランスは手を結びアルマタ対抗馬の開発に乗り出しました。


スポンサードリンク
 

 

その結果物が、ほかならぬレオパルト3. フランスとドイツが開発している新型戦車は当時、ドイツ陸軍のブランド品の主力戦車である'レオパード2'がベースとなっており、搭載される兵器や戦闘システムは全く異なるものが採択されました。

 

f:id:bryan0230:20190324152936p:plain

レオパルト2はよくご存知のように冷戦末期3世代戦車の道しるべを立てた名品電車の一つです。ボール/数/機動性まで落ちない名電車で初めて出た時、電車に最も重要な、火力、機動力、防御力3つが優れている、致命的な欠陥がなくて、同世代最高の戦車と挙げられます。

 

f:id:bryan0230:20190324153009p:plain

▲ ブレーキ性能と信頼性も非常に優れて上記のようなテストもできました。

 

すぐに当時の代表的な戦車と比較すると,今は最強の電車音を聞くm1エイブラムスも火力は2世代戦車水準の105mmライフルにCITVはなくてハンターキラーもいけないし、T-80Uは裂傷はあるが、解像度が低すぎて2世代戦車水準の光増幅装置を一緒に持って通ったり、四通コンピュータ演算が遅すぎて照準時間が長くかかり、両電車すべてカスト空いたエンジンのおかげに燃費も最悪でした。したがって、レオパルト2が当時最高の戦車という名声を得られました。

 

f:id:bryan0230:20190324153042p:plain

f:id:bryan0230:20190324153052p:plain

 

このような名品電車のおかげか、2013年末頃まで、ドイツ軍は自国軍の戦車を特別にアップグレードしようとする試みをほとんどしなかったです。レオパルト2A7はサウジアラビアカタールなどの中東先進国によって導入の試みがあったが、ドイツ軍のA6をアップグレードする計画はベクジナ同じでした。


スポンサードリンク
 

 

しかし、東部ウクライナ情勢などでロシアの脅威水準が強まると、ドイツはこれまでの軍縮ムードを整理してドイツ連邦軍保有A6(計225台)をA7にアップグレードすることを承認したが、レオパルト2はすでに限界レベルに到達していました。

 

f:id:bryan0230:20190324153106p:plain

f:id:bryan0230:20190324153119p:plain

▲ 2017年現在最も有力なレオパルト3の様子


したがって、2014年7月、ドイツのレオパルト2の開発会社クラウスマパイ-ベグマン(KMW)とフランスのAMX-56のルクレールの開発会社ネクストシステムズ(旧GIAT)の戦車開発分野を合わせて新しい法人を作るという話と次世代戦車MGCS(Main Ground Combat System)2030+プロジェクトが発表されたし2014年12月、ロシア軍がアールマタを開発して導入し、

 

ウクライナ事態などで欧州の戦争危機が増加中である現在の安保状況に225台のレオパルト2と190代のボクサーやプーマはあまりにも過小戦力という点が指摘されており、2030年までドイツ軍とフランス軍が制式採用することを目標に予算策定の議論が可決されました。

 

f:id:bryan0230:20190324153147p:plain

ラインメタルを見ると、次期主力戦車用に130mm砲を開発中であり当然、東欧圏の重戦車が使用するライフルとは異なるもので、従来の滑腔砲より高圧の圧力で砲弾を発射する高圧ポイます。55口径120mm滑腔砲に比べ50%ほど貫通力向上を目標に開発中だと明らかにしました。

 

導入年度を見ると、2030年にレオパルト3の導入はとても遠い未来のことです。専門家たちはアールマーサとレオパルト3のような最新式戦車が導入及び開発されれば、現在最強の座を守っている戦車を上回る強力な地上軍武器になるものと見ています。


スポンサードリンク