価格はF-16の半分だが、輸出市場でいいような評価を受けない中国戦闘機

f:id:bryan0230:20190324132622p:plain

中国産の軍需品の価格競争力は、安い人件費と豊富な研究人材で出ます。さらに、天文学的な外貨保有額をもとに、国営銀行が借款を提供したり、石油資源と交換する形の多様な決済方式を出し、輸出競争力を高くしています。


スポンサードリンク
 

 

しかし、輸出実績は不備な状態なんです、 今日は中国の輸出専用3世代ロウグプ戦闘機FC-1について調べてみます。

 

f:id:bryan0230:20190324132645p:plain

FC-1はJ-7シリーズを購入した国家らの後続機市場を狙って開発されたモデルにFC-1のプロトタイプは2003年5月にロールアウトしており、8月に初飛行に成功しました。

これによってFC-1は約2年間の試験飛行を終えて2005年頃、量産に突入する予定だったが、FC-1のエンジン供給国であるロシアが長いお得意のインドの宿敵、パキスタンにエンジンを輸出することに反対し、量産はしばらく中断され、その後量産に突入することになります。

 

f:id:bryan0230:20190324132703p:plain

製作会社はFC-1このF-16級に該当する機体と主張しているが、歯には多少及ばなかったと評価され、操縦席はグラスコックピットにHOTAS操縦桿からヘルメット照準装置まで採用していてMTL-STD-1553Bデータバスに基づいた開放型構造のおかげに需要軍の要請によって西区の抗戦装備を装着することができます。


スポンサードリンク
 

 

レーダーは、中国空軍向けには、エルタのEL/M-2032を、パキスタン空軍向けにはグリッポー-S7レーダーを採用しました。一方、西欧制からロシア製に至るまで多様な武装を統合できるようにし、多様な中国産の武装も搭載することができます。

FC-1/JF-17は、国際共同開発とはいえ、実際の生産は中国が担当してパキスタンは、組立て生産をするものと考えられています。性能を一言でまとめると、仮性費はなかなかいい方。

 

f:id:bryan0230:20190324132723p:plain

5億ドルの開発費を中国とパキスタンが半分ずつ負担し、合弁で開発されてJF(Joint-Fighter)-17と呼ばれることもあって中国ではそのままFC(Fighter China)-1と呼んでいます。

公式的に明らかにした純粋な機体価格が一台当たり1,500~2,000万ドルほどF-16の一台当たり4~5,000万ドルに比べて安くて、韓国が開発した練習機であるT-50の価格が2,000~2,500万ドルであることを勘案すれば本当に安い価格です。

 

f:id:bryan0230:20190324132736p:plain

しかし現状の共同開発国であるパキスタン以外の国家では売れず、第3世界の国々ではミグやスホーイを安く買うことが手段として関心を示していて、実際にまだ輸出実績が皆無な方です。昨年、ミャンマーが10台から12台、ナイジェリアが3機を購入することで契約が締結したものを除いた輸出実績はほとんどない方です。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190324132748p:plain

ステルス機や超高性能の4.5歳の大気が必要でない第3世界の国で1980年代以前に導入した様々な3世代戦闘機が退役することによって巨大な頃、戦闘機市場の需要が生まれた輸出実績は不備な理由はレーダー、抗戦張飛、そして航空力学設計がヤングシントンジなかったからです。 また、メードインチャイナという不安感が一役買ったというのが個人的な考えです。

 

f:id:bryan0230:20190324132801p:plain

実際に唯一運用中のパキスタン軍はFC-1がF-16と同級と宣伝しながらも、自国F-16をグレードアップしてサヨンハ故おり、JF-17/FC-1を基盤とする2人乗り攻撃機兼訓練機を開発中つつも訓練機としてT-50、Yak-130の購入に関心を示しています。

スペクサン似たような階級の韓国産FA-50と似ていながらもFA-50はある程度輸出をしているが、FC-1の場合価格も安くて輸出のために作った戦闘機だが輸出に苦戦している状況です。


スポンサードリンク