最も多く運用している戦闘機ランキング7

現代戦に来てそのどのような非対称戦力より空軍が最も優先視されています。空軍力はまさにその国の力と呼ばれるくらいですが、今日は世界で最も多く運用中のベストセラー戦闘機について調べてみます。

 

f:id:bryan0230:20190324131051p:plain

f:id:bryan0230:20190324131103p:plain

7位 - F-7計450機運用中


スポンサードリンク
 

 

F-7戦闘機は、中国J-7戦闘機の輸出型機体で、安くてかなり高い飛行能力を持ったため、空軍に予算を投入しられない貧国に人気が多いです。現在、青が運用国家であり赤色は退役させた国です。

 

北朝鮮も写真で見えますが、北朝鮮はF-7導入1位の国家になんと180基を運用中において2位はパキスタン143期3位は、エジプト74期の順であります。。総輸出台数は約1700基から1800期にかなり多く売れた輸出型戦闘機です。

 

f:id:bryan0230:20190324131134p:plain

6位 - MIG-21計547機運用中

 

MIG-21は1958年に登場した世界で最も多く生産されたチョウムソク戦闘機で生産数はおよそ一万台余りが生産されました。初めて配置されて70年が経った現在は500基余りだけを運用されています。

相対的に小さくて軽い機体のおかげで、推力と加速力、上昇力、整備性などが改善され、多くの国に売却された戦闘機です。最も代表的にMIG-21を運用する国家はベトナムキューバ、シリアなど数十ヵ国が現在も運用しています。

 

f:id:bryan0230:20190324131217p:plain

5位 - MIG-29総829期運用中


スポンサードリンク
 

 

米国が作ったF-15F-16はシリアのMIG-21、MIG-23、MIG-25を空中分解させ、該当機体ではF-15F-16の相手にならないのを悟ったロシアは戦線での航空優勢及び地上軍支援を担当する小型戦闘機を開発することにし、出たのが、まさにMIG-29戦闘機です。

 

そのためか、ミグ29はSU-27と共にロシアを代表する4世代戦闘機としてF-16とライバル関係を維持しています。運用、国家はやはりロシアが260ここに1位、インドは87期で2位、3位はウクラニア80期順に運用しています。

 

f:id:bryan0230:20190324131244p:plain

4位 - F-15総874期運用中

 

F-15は制空権を制圧することウィヘ登場した高性能の双発エンジン戦闘機に戦闘機を相手するために、多くの国で頭が腐るほど、一時は大活躍をした戦闘機です。F-15は、当時世界最強の空対空能力を持つ戦闘機だったが、価格も侮れないくらい高かったために運用する国家もほとんどなく米国もむやみに売っていない機種でした。

 

運用国は米国、サウジアラビアイスラエル、韓国、シンガポール、日本ほどです。米国が470ここに1位の日本が203期で2位のイスラエルが92期で3位です。1990年代まで夢の戦闘機と呼ばれた戦闘機でした。

 

f:id:bryan0230:20190324131311p:plain

3位 - SU-27/30計940機運用中

 

親ロシア諸国に輸出され、大量運用されている、スホーイ27系列の戦闘機は、ロシアのスホーイ設計局が作った多目的双発戦闘機で現存する戦闘機の中で一番大きいほうに属します。


スポンサードリンク
 

 

ソ連が主張するところによると、スホイ27がF-15をわずかに勝てると主張したが、これは航空力学的な設計でのみそうだし、電子装備の性能が落ちると判断されています。ためにレーダーが 弱点といえる 輸出型SU-27は現在レーダーを大々的にグレードアップし、輸出しています。運用国家はロシアが400ここに1位2位は、インドが200ここ、中国が160ここに3位です。

 

f:id:bryan0230:20190324131351p:plain

2位 - F-18総1071機運用中

 

米国、豪州、スペイン、カナダ、フィンランド、スイス、マレーシア、クウェートで運用中のF-18は現在も約1千余機が運用されているベストセラー戦闘機です。全幅がすべて退役した現在、米海軍の唯一の戦闘爆撃機と空母専用戦闘攻撃機というニックネームがあります。

 

F-18は飛行性能も遵守した方で、大型戦闘機に比べて価格が安いという長所があり、最も大きな長所を選んでほしいと言ったら、やはり整備性が良いということとエンジンの信頼性が甲という点でした。

 

ただ、短所も存在するが航続距離が短くて加速が遅いという短所があり、F-18ホーネットは現在、米国航空母艦の主力艦載機で運用されています。ために米国がなんと800ここで最も多く、2位はオーストラリア93期3位はスペイン86期です。

 

f:id:bryan0230:20190324131424p:plain

f:id:bryan0230:20190324131438p:plain

1位 - F-16総2312期運用中

 

米国、韓国、トルコ、イスラエルなど、なんと26ヵ国や運用しているF-16は、安くて軽くて敏捷というイメージの戦闘機です。F-16は1976年に生産承認以降4500台が生産され、現在も2300機以上のF-16が運用されています。これは、現在の戦闘機シェアの約16%にあたる割合です。

 

驚くべき事実は1970年代に作られたが、現在も生産や購入が行われており、現役で生産中の機種の中で一番沢山売れている戦闘機です。長所を見ると、F-15の半額程度の価格と信頼性、汎用性、小さな維持費、武装搭載量などの長所があります。現在、米国で950ここに1位を占めており、イスラエルが284期、トルコが245期の順で順位を占めています。


スポンサードリンク