日本ヘリコプターをコピーしたが、元を越えた中国ヘリコプター

f:id:bryan0230:20190324130435p:plain

こんにちは。今年7月、中国ではかなり大きなヘッドラインが出ました。まさに中国が初めて攻撃ヘリコプターZ-19射撃の写真や機動訓練を公開したからです。


スポンサードリンク
 

 

これは輸出市場を狙った公開練習ではないかなと思いますが 中国人民解放軍第76枚目の檀君隷下航空旅団の訓練が公開されたが、日本はこれを見ながらこれを耕していると言うが、その理由を一緒に住む咲いてみます。

 

f:id:bryan0230:20190324130453p:plain

Z-19は、中国人民解放軍の最新型ギョンコンギョク、ヘリコプターで空軍で使用するために開発したヘリコプターで長さは12mで他の攻撃ヘリに比べて小さい方でローター直径は11.93m、基本重量は2.5トン、巡航速度245km、航続距離は700kmです。

 

f:id:bryan0230:20190324130514p:plain

▲ 日本のOH-1忍者偵察ヘリコプター

 

写真を見たら分かりますが日本の自衛隊が開発したOH-1忍者偵察ヘリコプターと類似した部分が多いです。ただ、日本のOH-1忍者ヘリコプターは偵察武装ヘリコプターで中国のZ-19の武装に比べてかなり貧弱であり日本国民はこれを残念がっています。

 

また、日本の忍者ヘリは世界で初めてムグヮンジョルローターを適用した機種で、米国以外で初めてハワード・ヒューズ賞を受賞した機体なので、これをコピーした中国に良い感情はないのです。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190324130538p:plain

また、日本内でも忍者ヘリコプターを攻撃ヘリコプターで推進化しようとする動きがあったが、エンジン出力の問題で不適合の判断を受けたのだから、日本の立場では、中国が船の痛む状況です。中国の立場ではZ-9の武装ヘリコプターを性能向上及び改良型だと主張しており、この部分は、日本と中国の立場によって、言葉が変わっています。事実、誰が見ても中国が日本ヘリコプターをコピーしたものだが...

 

f:id:bryan0230:20190324130552p:plain

f:id:bryan0230:20190324130601p:plain

中国航空工業側は2人の操縦士が前後に搭乗するよう設計されていて攻撃されやすい正面面積を狭くチェソハムで戦場で生存能力を高めたと明らかにし、たとえヘリが小型だが、巡航速度と航続距離などで競争力を備えており、輸出計画もあると発表しており、10年以内Z-19E市場の需要が150代以上はこれをものと見込んだりもしました。

 

f:id:bryan0230:20190324130614p:plain

問題はZ-19の価格だが、中国の特性上、兵器を高めに打ち出すわけではないことに価格競争力があれば100代以上は輸出されないかと考えられています。特に、現在輸出用Z-19攻撃ヘリコプターの飛行姿も公開されたが、パキスタンでトルコ製T-129と競争しています。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190324130629p:plain

Z-19ヘリコプターの最も重要なポイントはステルス尾翼を開発して騒音部門のステルスファを成し遂げたと誇りに明らかにしたがこれもやはりコピーした部分です. 武装では23 mm自動機関砲、ロケット、かけたフォード、HJ-8対戦車ミサイル、TY-90空対空ミサイルでギョンコンギョクヘリコプターにしてはかなり多様な武装を搭載することができるというのが長所です。

 

f:id:bryan0230:20190324130641p:plain

f:id:bryan0230:20190324130648p:plain

f:id:bryan0230:20190324130656p:plain

とりあえず中国内ではかなり満足している雰囲気で、輸出市場でも通じないかな?と期待している雰囲気です。日本が主張するZ-19の元忍者ヘリの場合引き分け場がAIM-92スティンガー4発がすべてであるに日本の立場ではそれこそ築いた塔を中国に渡した皮肉な状況です。


スポンサードリンク