国家元首も出入りできない空母最高機密の場所

f:id:bryan0230:20190324114325p:plain

原子力航空母艦航行用の燃料は必要ないため、残りのスペースを艦載機用燃料と護衛艦用燃料の貯蔵庫で使用できます。その他にも原子力機関の長所は大量の蒸気を生産するために放ったことに使用する蒸気カタパルトに安定された量の蒸気を供給できるということや発電量が多くて船内で使用するエネルギーを安定的に供給できるという点です。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190324114342p:plain

このように先端技術が直接的に適用される原子力エンジンは通常動力機関とは異なり、維持するのに厳格な維持・管理が必要です作業者は、特別な技術資格を保有していなければならないが、小さな事故でも大きな惨事につながる可能性があるからです。もし、作戦中にここで事故が起きれば、これ以上の空母は空母本来の能力を発揮できずにいることも理由になります。

 

f:id:bryan0230:20190324114355p:plain

したがって、普段に原子力エンジンを徹底的に管理し、非常時を想定した訓練をするなど通常動力の艦艇とは異なる運用法と訓練が必要であり、機密性が高く、乗って軍の国家元首はもとより、該当の航空母艦を総括する艦長も原子力関連施設には通行証を発給受けなければ出入りすることができます。もちろん、一般乗務員らが、出入りを絶対禁じています。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190324114410p:plain

ここで原子炉を担当する乗務員は厳格な機密保持義務を持っています。これはアメリカだけでなく、フランスにも適用される事項だが、フランスの原子力空母も自国製K-15原子炉を2台運用します。この航空母艦も原子炉や原子炉作業状況を公開しない。原子力エンジンは国の重要な知的財産であるため、機密を徹底的に維持しています。

 

f:id:bryan0230:20190324114424p:plain

ニミッツ級航空母艦の原子炉はウェスティンハウスで大型原子炉の2台を設置します。原子力発電所で使用する核燃料のウラン235の濃縮度は2~4%だが、原子力空母の原子炉は小型であるため、20%以上に濃縮した燃料を使用します。ここで濃縮度が大きくなれば、寿命も伸びるようになっています。

 

f:id:bryan0230:20190324114439p:plain

このような核燃料は約20年ごとに一度ずつ交換するが、この時にニミッツ級航空母艦は、米バージニア州ニューフォトニュース造船所に行ってドライドックで船体を切断し、核燃料を交換します。繊細な作業を要求するためにこの作業は必ずニューフォトニュース造船所で行われています。

 

f:id:bryan0230:20190324114456p:plain

核燃料を交換する作業も機密事項なので公開されずにニューフォトニュース造船所でも一部の人々にだけ作業の権限が与えられています。


スポンサードリンク