ただ米航空母艦のみが持っている特別な武器

f:id:bryan0230:20190324111835p:plain

ニミッツ級航空母艦は、初めて誕生した後、これまで米国海軍の主力航空母艦で不動の立地を固めてきました。また、1番艦で10番艦までおよそ34年間、技術が発展したために特別な兵器が存在します。今日は2017年基準航空母艦を運用している10カ国の国のうち、米空母を持つ電子攻撃機について調べてみます。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190324111854p:plain

敵の対空ミサイルは航空母艦から発進した攻撃機を脅威します。事実、空母がない国で、空母を相手するためにはミサイルに集中するしかないです。ミサイル基地や防空レーダーなどの防空施設を本格的な攻撃作戦直前に破壊する任務を敵防空網制圧(SEAD)、敵防空網破壊(DEAD)と言うが、SEAD、DEADは敵のレイドパを探索して妨害しながら破壊しなければならないので、特定の電波を受信する装置や妨害電波を発信する装置を具備していなければなりません。

 

f:id:bryan0230:20190324112030p:plain

このような任務を遂行する航空機を電子電気又は電子戦攻撃機と申します。航空母艦に専用電子電気を運用する国は、米国のニミッツ級だけです。米航空母艦から運用するEA-6Bプラ泣いにはA-6イントルーダーを基に作った電子攻撃機として1971年から運用し始め、徐々に改造して、40年以上運用しています。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190324112045p:plain

垂直尾翼の末の大きなフェアリング内にレイドパを感知している受信装置がついており、翼の下側のパイロンに最大5台のAN/ALQ-99ジャミングフォードを装着して敵のミサイルやレーダーを妨害します。編隊に属している戦闘機と空母を守ること以外に、直接的に攻撃も可能だが、AGM-88 HARM、高速大電波源ミサイルで敵を攻撃します。

 

f:id:bryan0230:20190324112057p:plain

EA-6Bプラ泣いには操縦士の他に電子専務機長校歌3人が搭乗するが、現在はEA-18Gグラウルロで順次代替としている傾向です。EA-18Gグラ泣いには顔色を軽率で威厳の方たちがいが、外形がF/A-18Fスーパーホーネットととても似ているます。理由はスーパーホーネットをもとにして、電子電気炉改造発展した航空機だからです。

 

f:id:bryan0230:20190324112111p:plain

グラ泣いにの戦闘力はスーパーホーネットの高い性能に電子戦能力まで加わるため、EA-6Bに比べて性能が飛躍的に向上しました。ボーイングで改造したEA-18Gグラ泣いにはニミッツ級空母一台当たり1個飛行大隊を運用しています。このように、米国のニミッツ級は、直接的な攻撃だけではなく、電子戦まで準備する緻密な姿を見せています。


スポンサードリンク