航空母艦は、実際に敵をどのように打撃するか?

f:id:bryan0230:20190324105903p:plain

航空母艦は、艦載機を運用してこそ、本当した戦闘艦になります。航空母艦の航空機は機種別に分類された飛行大隊に配属され、航空母艦にはいくつかの飛行大隊で構成される航空母艦飛行団を編成します。1つの飛行団は下記のように編成されます。(米国基準)


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190324105920p:plain

- F/A-18Fスーパーホーネット戦闘攻撃飛行大隊14代


- F/A-18Eスーパーホーネット戦闘飛行大隊14代


- F/A 18Cホーネット戦闘攻撃飛行大隊 24代


- EA-6Bプラ泣いにまたはEA-18Gグラ泣いに電子攻撃飛行大隊4代


- E-2Cホークアイ早期警報飛行大隊4代


- シーホークヘリコプター7代


- C-2Aグレイハウンド輸送飛行大隊1分遣隊2代

 

f:id:bryan0230:20190324105947p:plain

航空母艦飛行団の役割の中で打撃任務が最も重要なので、今日は航空母艦が実際にどのように敵を打撃するか実際の事例でよく見てみるようにします。中東での作戦の事例です。本番が近づくと、操縦士も人だから緊張度も当然高くなります。操縦士は医師や牧師に体と精神的カウンセリングを受けたり体育館で運動をして緊張をほぐして出場を待ってます。

 

f:id:bryan0230:20190324110014p:plain

中東での航空母艦飛行団、打撃の目的はほとんど地上部隊を支援するためでした。味方の地上部隊の火力では太刀打ちできない敵勢力や、対戦車ヘリコプター部隊の基地を標的とします。アフガニスタンでは洞窟の中、テロリストの拠点を攻撃する任務も担当しました。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190324110029p:plain

アフガニスタンでの作戦やイラク戦争では、各国の戦闘機や攻撃機が同一の領域で活動するので、空軍の早期警報管制機が戦闘地域を管制し、航空母艦ではE-2C早期警報機が戦闘地域付近まで進出して空軍と協力して監視区域を分担したり、艦載機の指揮を空軍司令部に委任することもします。続いて攻撃部隊が順番に発進します。

 

f:id:bryan0230:20190324110050p:plain

先頭には約3つのグループの電子戦攻撃機とそれウルホための戦闘攻撃機が出ます。後を継いで、精密誘導爆弾を装着した戦闘攻撃機とそれを護衛する戦闘攻撃機が4~6グループ出ます。こんなに発進すると、50代以上が構成される大部隊になっており、このような総出撃をピョンデグンと申します。攻撃部隊は監視区域で隊形を組んで、敵地に向いています。このとき電子戦攻撃機が敵の対空レーダーと対空ミサイル基地を攻撃して敵の対空能力を無力化します。

 

f:id:bryan0230:20190324110103p:plain

続いて攻撃部隊が接近して精密誘導爆弾で攻撃します。攻撃終了後にはF/A-18E/Fが攻撃結果を確認撮影(偵察フォード)して元航空機が司令部の指示を受けて航空母艦に戻ります。米国はこの方式でアフガニスタン航空母艦に打撃しており、他の作戦にもこの大きな枠から脱することがありません。

 

f:id:bryan0230:20190324110116p:plain

f:id:bryan0230:20190324110125p:plain

ただ、昼間と夜間の違いが発生します。大規模な戦闘に関するニュースを見れば分かるように戦争を始める際の攻撃は夜間、特に深夜と早朝に実行します。


スポンサードリンク
 

 

艦内では乗務員が夜間攻撃に備えて数日前から勤務時間を調整して夜間勤務状況に備えます。特に甲板で作業が昼間と夜間が違います。夜間には週間に使用していた手信号の代わりに発光信号を使用します。

 

f:id:bryan0230:20190324110139p:plain

こうして米国航空母艦の打撃方式について見たのですが、核攻撃ができる唯一の航空母艦、フランスのシャルル・ド・ゴールの戦闘方法は少し異なります。フランスのラファールM戦闘機は300ktの核弾頭を持つASMP戦術核ミサイルを運用することができます。

 

その威力は広島型原子爆弾の20倍に達し、たった1発で全世界にいるそのどんな都市も無力化できる威力を持ちました。高い高度から発射すれば、最大射程距離は300kmであり、海に面していない内陸国も狙うことができます。核攻撃をする時はラファール戦闘機が護衛を務めることになっており、E-2Cホークアイが領域を監視します。

 

f:id:bryan0230:20190324110201p:plain

また、シャルル・ドゴールは、自足型ヤンリュクハムとしての機能もあります。艦内には850人あまりが居住することができ、輸送ヘリコプターで上陸をすることもできます。すなわち、航空母艦や特殊部隊の強襲作戦を同時に展開できるということです。ここにラファールM戦闘機が上空で精密誘導爆弾で作戦を支援します。このような上陸作戦と艦隊防空を1隻と同時に運用することは、米空母では不可能です。

 

f:id:bryan0230:20190324110213p:plain

米国は多数の航空機を利用する戦術を選択したために少数の攻撃機による核ミサイル運用や、行動に制約を与える海兵隊の上陸部隊を搭載するものは航空母艦の任務から排除しました。実際にこのように米航空母艦やフランス航空母艦が敵を打撃する方法について調べました。


スポンサードリンク