米国より30年先立って、ステルス機を試みた天才たち

よく最初のステルス機といえば、米ロッキード・マーチン社のF-117ナイトホークを思います。また、チョンイクヒョンステルス爆撃機といえばB-2を考えるのが一般的です。 もちろん、完璧なステルス機ではないが、最初の試みをし、ある程度認められた武器がありました。

 

f:id:bryan0230:20190323140748p:plain


スポンサードリンク
 

 

今日は久しぶりに2次世界大戦の兵器、その中でもドイツが作った秘密兵器について調べちゃです 操縦士で当代最高の天才航空機開発者になったホルテン兄弟が着目したHo 299という爆撃機が今日の主人です。この爆撃機を見れば、あの時ドイツの航空力学がどの程度まで発展したのかをよく見せてくれます。

 

f:id:bryan0230:20190323140803p:plain

ホルテン兄弟は特にサムガクイクに執着する姿を見せたが、それはスジクミイクの有無と関係なく、未来の航空機形態がサムガクイクになるだろうと予測したからです。ご存知のように三角熟した、現在広く使用している形態です。誰より早くサムガクイク研究に没頭した年度は1930年代にグライダーやエンジン航空機すべてサムガクイクに見本を作っていました。

 

f:id:bryan0230:20190323140816p:plain

ホルテン兄弟の最初のグライダーは前が24度の角度で後退して陰は直角の幅広いサムガクイク形だったが、HoⅡは後ろまた、後退する形をとります。HoⅡの見本4代はグライダーで製作されたが、そのうち1台は推進プロペラを駆動するエンジンを装着しました。すぐテストに入りスピンや操作性は良好か、機動性が足りないという結論を受けます。

 

f:id:bryan0230:20190323140853p:plain


スポンサードリンク
 

 

つながる一連の設計は、以前設計よりも完成度が高く、さらに急進的に変わりました。それでHoⅤが出るときからは動力は、基本になり、改良を重ねになります。依然として機動性が足りないという評価を受けて、改良を重ねたホルテン兄弟はHoⅨにすべての技量をつぎ込むます。HoⅨの最初の試作機はグライダーで、二番目の試作機は動力機で完成されました。

 

f:id:bryan0230:20190323140908p:plain

HoⅨの二番目の試作機はエンジン1基のみを使用して着陸を強行する破壊されたが、その前に800km/hを超える速度を記録しながらドイツ政府の驚きを買います。HoⅨは幸田(Gotha)GO 299という名称を付与されるようになり、Ho 299と呼んだりもします。

 

Ho 299はMK機関砲4門を装着し、1,000kgの爆弾を積載することができました。しかし、より強力なjumo 004cエンジンを装着した試作機1台で戦争が終わる前に完成し、追加制作に入った4代は、戦争が終わるまで完成されなかったです。

 

f:id:bryan0230:20190323140928p:plain

コテルパゴンパブリク所属の工学者らはHo 299が最高速度1,000km/hを軽く超えたものと推定したが、直進安定性には満足しなかったです。この問題はX軸を中心に左右にローリング運動をしている間、垂直軸が激しく動かすて安定性が欠如されたという評価を受けました。工学者たちは六番目の試作機を最後に製作を中止せよという勧告をし、ドイツ政府のかなりたくさんのお金を消費したホルテン兄弟も仕方なくそこに同意します。

 

f:id:bryan0230:20190323140946p:plain

どのぐらい時間が流れた後、ホルテン兄弟はもう一度全翼機に対する執念を見せます。兄弟は全翼機の概念を放棄せず、単発エンジン迎撃機1台を作っており、ここに大きな関心を見せたドイツの元帥ヘルマン・ゲーリングの最高位の技術諮問だったジークフリート大きいねマイヤーがホルテン兄弟と接触して大西洋を横断できる爆撃機を作ってほしいと要請します。この要請にホルテン兄弟はやはりHo 299の拡大型全翼機を提案しました。

 

f:id:bryan0230:20190323141004p:plain

こんなにまたHo 299の拡大型全翼機が世に出ることが準備をしたが、予想外の問題にぶつかってなります。ホルテン兄弟は当代最高の航空機製作会社ユンカーズとメソシュミトゥから派遣された設計者とともに作業しという指示を受けたが、協力団内でさらに保守的な人々が大きなスジクミイクと蝶番がついた方向舵を追加しなければならないと主張し、葛藤が深刻になり、協力団はすぐ解体されてしまいます。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190323141019p:plain

執念のホルテン兄弟は全翼機図面を保有して当時、ドイツ元帥ヘルマン・ゲーリングを訪ねて、自信を持って最高の全翼機を作ることができると言いアピールします。ただ、その時は、終戦が10週間しか残っていなかった状況なので、Ho 299はこれ以上制作されず、ホルテン兄弟も夢をあきらめなければならなかったんです。

 

f:id:bryan0230:20190323141036p:plain

最後の余談に2008年に米国のノースロップ・グラマンは興味深い実験をするのにステルス技術者たちが直接Ho 299を作って、実際にこの爆撃機がレーダーに映らないかな?(ステルスソンがあるだろうか。)という実験をすることになります。Ho 299のステルス実験結果、F-117やB-2等ステルス機に比べて完璧ではないが、ステルス機能を持ったと発表して、世の中をもう一度驚かせます。

 

f:id:bryan0230:20190323141100p:plain

f:id:bryan0230:20190323141113p:plain

ある人はB-2爆撃機がHo 299にインスピレーションを受けて製作したと言うのに可能性は大きいが、はっきりしたことはありません。しかし、たった一つ確実なのは1940年代にすでにステルス機を作り出したホルテン兄弟の天才性は立証されたと言えることができます。


スポンサードリンク