そのいかなる戦闘機も無力化させ新概念の兵器の正体

f:id:bryan0230:20190323132758p:plain

現代兵器体系には大半が電子装備が搭載されていて電子装備は高エネルギーパルス波に弱いという短所があります。このような短所を利用して敵の電子装備を麻痺させ、兵器体系を無力化する武器がすぐに高出力マイクロ波兵器です。


スポンサードリンク
 

 

よく最強と呼ばれるF-22ラプター戦闘機とF-35も電子装備を多数搭載していることに高出力マイクロ波兵器に攻撃をうけあれば理論上では、100%無力化することができます。

 

f:id:bryan0230:20190323132813p:plain

高出力マイクロ波兵器は精密誘導兵器や航空機防御装備など、多様に活用されており、戦闘機用の攻撃兵器としても開発が進行中であります。戦闘機用の高出力マイクロ波兵器を初めて搭載する機体は米国のX-45ブロック30に定められており、別名スーパージャマーとも呼ばれるこの高出力マイクロ波兵器は敵の兵器体系を無力化させる攻撃的な用途で運用される計画です。

 

f:id:bryan0230:20190323132827p:plain

X-45について簡単に見ると、X-45は米国ボーイング社が開発した無人機に国防部はボーイング社にUCAV研究費に約1億ドルを支援しており、ボーイング社も独自の資金を動員しました。ボーイングのX-45Aはムミイクのステルス航空機で内部構造はアルミニウムを利用したが、量産型UCAVではほとんどの構造を複合素材で製作し、胴体中央にターボファンを装備している特徴があります。

 

f:id:bryan0230:20190323132844p:plain

本論に戻って高出力マイクロ波兵器は攻撃用途だけでなく、攻撃してくることミサイルの誘導システムに放し飼いされて防御的な用途でも使用されます。


スポンサードリンク
 

 

高出力マイクロ波兵器が目標物に及ぼす影響は大きく4つに分けることができるのですが、まず最初は拒否の水準にスイッチや電子回路に機能的障害または一時的麻痺を引き起こすことにする水準です。二番目の低下の水準は起動を再びするほど、電子装備システムレベルの故障又は部分的な故障を一時的に起こしにする水準です。

 

f:id:bryan0230:20190323132858p:plain

三番目の損傷の水準は、電子装備部品、回路のカード、メインボードなどを破壊する水準に短時間内に復旧を不可能にする水準です。最後の破壊の水準はシステムを永久的に損傷を与えるために復旧が不可能、システムを交代させる段階を話します。現在までに開発された段階では三番目の損傷水準だと見てはなります。

 

f:id:bryan0230:20190323132911p:plain

高出力マイクロ波兵器は破壊範囲が広いので、目標照準と追跡に対する要求精度が高いことなく、一定の範囲の多重標的を一度に破壊できるという長所があります。マイクロ波を送出するアンテナは、位相アレイの形でレーダーの位相アレイと同様に調査の角度を電子的に操縦することができます。戦闘機に搭載されるアンテナの形は、機体形状に一致される形式のフォードの形で開発されています。

 

f:id:bryan0230:20190323132925p:plain

事実現在の水準の高出力マイクロ波兵器はまだ開発段階で現水準のマイクロ波兵器性能は20kgに1Gwの出力を出すことはできるが、200kg程度の高出力マイクロ波兵器が今後20Gwまで出力を放射しかねない水準にほとんど近接しました。


スポンサードリンク
 

 

この兵器の長所はマイクロ波の生成のための動力を戦闘機のエンジンからオッですからに任務に合わせてパルス発生回数を調節することができるというのが大きな長所です。

 

f:id:bryan0230:20190323132938p:plain

他の長所は電磁波の特性上、気象状態に全く影響を受けずに攻撃できるということがまた他の長所です。一方、マイクロ波兵器の深刻な短所や補足点があるが、マイクロ波を発散する戦闘機の電子装備にも影響を与えかねないためにこれと関連された短所を補完する研究が進行中であり、現在完了段階にあります。

 

f:id:bryan0230:20190323132954p:plain

この兵器の射程距離は、初期の段階で数km程度のレベルを見せたものの、戦闘機の攻撃用武装で本格的に運用なる2020年代には数十km以上の遠距離に拡大するのが目標です。したがって、実用化されたら、レーザー武器と一緒に未来戦闘機兵器の核心体系に生まれ変わることになるものと思われます。


スポンサードリンク