中国が、ロシアがなければ戦闘機を作れない理由

f:id:bryan0230:20190323131339p:plain

中国は否定しているが、中国最新技術のほとんどは、他国の技術をコピーすることについて開始します。その中でも中国武器は、米国とロシアの影響を最も大きく受けています。


スポンサードリンク
 

 

特に中国の戦闘機事業は、ロシアがなければほとんど放棄をしなければならないほどの意志をしている姿を見せます。その例を見られる最も代表的な戦闘機はJ-8、J-11、J-31の戦闘機で詳しく調べることができます。

 

f:id:bryan0230:20190323132227p:plain

先にJ-8ピンバッグを見ると、ピンベクは1960年代後半に中国が開発した大型超音速双発戦闘機です。共産化された中国と旧ソ連の友好的な関係は、韓国戦争以降アクフェなって1959年、中ソ国境紛争で、ソ連技術者が撤退し、1960年代初めには戦争まで起こりうる状況でした。

 

f:id:bryan0230:20190323132246p:plain

中国はソ連空軍との全面的な対決に備えて途中で中断されたMiG-19のライセンス生産を独自に進行してMiG-21のコピー生産を急速に推進するとともにここで習得した技術を応用し、大型戦闘機であるF-8の開発を推進することになります。

 

f:id:bryan0230:20190323132300p:plain

当時、中国が入手した強力な戦闘機用エンジンはMiG-21のエンジンであるRD-11のコピー版であるウィペン-7だけなのでMiG-21を凌駕する新型戦闘機を開発するためにはMiG-21を拡大した双発戦闘機だけが唯一の選択でした。


スポンサードリンク
 

 

中国は、ロシアのように戦闘機用エンジンを開発する能力そのものがなかったからです。この選択はそれほど良いとは見られなかったが大型戦闘機に旧型エンジンを搭載し、標的だけ大きくなった大型戦闘機になってしまってしまいます。

 

f:id:bryan0230:20190323132315p:plain

一方、開発が始まる時、文化革命の渦に巻きこまれて資本も不足しており、技術も不足したため、プロトタイプ機の開発開始も5年が遅延されて1969年に行われました。また、初飛行をはじめ細部的な飛行試験もそれほど順調ではありませんでした。歯後1985年度に米国の航空機技術者たちが、瀋陽工場見学の過程でJ-8が大量生産している事実を目撃したし写真も公開されました。

 

f:id:bryan0230:20190323132331p:plain

一方、J-8の性能改善は継続され、1984年にJ-8の改良型であるJ-8 IIが完成し、1989年パリ航空ショーで公開されました。J-8 IIはJ-8の後続型と思いもできないほどいいな性能を発揮したが、ロシアが調べた結果エジプトのMiG-23を中国が購入し、これを分析およびコピーをしたことが明らかになりました。

 

f:id:bryan0230:20190323132348p:plain

発展する西欧の戦闘機に脅威を感じた中国は、やっぱりロシアに助けを求めるのに、中国はロシアのSu-27とMiG-29に注目します。1990年に中国はソ連と戦闘機購入交渉を開始し、1991年3月にはソ連の操縦士らが北京でMiG-29とSu-27のテスト飛行をすることもあります。両機種の長所と短所を熟慮した中国政府は1991年半ばにSu-27 26機を購入することに決定します。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190323132402p:plain

そして、翌年の1992年にダンジュワヒョンSu-27SK 20代と復座型Su-27UBK 6台が中国人民解放軍空軍に引き渡されます。Su-27に満足した中国空軍は1995年に2次分で、22台をさらに発注し、ロシアは翌年にこれらの機体をリードします。2次分購入と同時に中国はSu-27 200台分の免許生産を推進し、これを受けてロシアのスホーイ社と瀋陽航空記事の間に25億ドル相当の免許生産契約が締結されます。

 

f:id:bryan0230:20190323132430p:plain

これとともに、中国が生産した機体にはJ-11という制式名称が付与されます。J-11の最初の量産機は、組立て生産方式で1998年から出庫なりましたが、J-11の本格的な量産は2000年になって初めて開始されます。J-11は2000年から2002年まで48代そして2003年に48台を追加生産しており、計100台を生産した後精密爆撃能力が強化されたアップグレード型を生産した。

 

f:id:bryan0230:20190323132445p:plain

最後に、中国のF-35と呼ばれるFC-31度ロシアからの支援(?)を受けています。中国は1997年からステルス機の開発に突入してJ-XX計画によって作られたステルス機戦闘機です。J-31の試作機エンジンはロシア製クルリモプRD-93とWS-13エンジンです。しかし、J-31は2つのエンジン出力を合わせてもF-35より弱いために驚くべき機動性を期待することは難しいのです。

 

f:id:bryan0230:20190323132507p:plain

こんなに実際に中国戦闘機を通じて中国がロシアをどれほどの意志(?)するのかについて調べました。このように中国は兵器分野で米国とロシアに依存しており、特に戦闘機の分野においてはロシアの協力がなければ、開発自体も難航し実情です。


スポンサードリンク