インドが独自開発したが自国民に批判される戦闘機

f:id:bryan0230:20190321224654p:plain

インド空軍が主力として使用していたMiG-21戦闘機の老朽化が予想されるとインド政府は独自に戦闘機を開発しようとします。名前はテジャスにテジャスの意味は'輝く'という意味を持つ戦闘機です。


スポンサードリンク
 

 

テジャスは1983年にインド政府が承認したことで、開発し始めたインドの戦闘機で最初は頃、戦闘機で巻き起こし、1988年まで基本的な計画の概要が整理されます。

 

f:id:bryan0230:20190321224732p:plain

しかしその後の作業が非常に遅れて1990年4月に予定されていた1号の初飛行を彼から10年以上経った2001年1月4日に施行されます。その期間の間、MiG-21戦闘機は老朽化なるように老朽化が行われ、その期間の間、空軍戦力を運用せざるをえなかったインド空軍は無理矢理MiG-21戦闘機を運用し、その結果訓練などで計45機が墜落する不祥事が起こることになります。

 

f:id:bryan0230:20190321230105p:plain

また、その後の開発試験作業でもエンジンなどの問題が続出して量産1号は2007年4月25日なってようやく初飛行し、2011年1月10日にようやくインド空軍に実戦に就役し始めます。

2018年現在は18基ほどをインドで運用中であり、計83台まで増やす予定です。初めての実用化計画で15年以上遅れ、開発を始めて30年が経って、実戦配備が完了したためにインドが主張するほど最新鋭戦闘機とはできません。

 

f:id:bryan0230:20190321230121p:plain

インドが主張し次第、独自に超音速戦闘機を開発したのは事実だが、これが観点によっては曖昧なこともできます。戦闘機で最も重要だと見られるエンジンのためです。


スポンサードリンク
 

 

インドはエンジンを自社開発しようとずいぶん努力したが、結果的に外国産エンジンを使用しています。このために自国民の非難が吹き荒れました。インド政府は2010年からカーベーリエンジンのIL-76テストを発表したが、たいした成果なしに研究費がかかっています。

 

f:id:bryan0230:20190321230134p:plain

インドはエンジン開発のみが20年という歳月を送るが、全然成果がなかったので、18年間、3800億ウォンという開発費用だけが飛んでことになります。いっそそのお金で外国製エンジンを輸入して使用していたなら、実戦配備もはるかに早めたことでMiG-21が墜落するいかがわしい事件も、開発費用も飛ばして食べている状況が来なかっただろうとインド、自国民は激しく非難しました。

 

f:id:bryan0230:20190321230149p:plain

このように紆余曲折の末に開発されたテジャスはいかなる戦闘機なのか調べます。先に機体はムミイク・デルタ・構成です。主翼は全然フトェガクが内側で柔らかくて外側からひどくなる二重後退翼です。フトェガクがひどくなる部分に空中戦フラップを置いて運動性を向上します。

 

f:id:bryan0230:20190321230203p:plain

エンジン空気取入口は全然フトェガクが柔らかい主翼部分の下の胴体両側で位置します。簡素な固定式空気取入口です。事実のエンジン問題があると知られているが、レーダーも大きなゴルチッ街でした。機首に装着したレーダーもインドの独自の開発品だったしこのレーダー開発作業も非常に遅れて初期生産型にはイスラエル製のレーダーを装着しました。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321230224p:plain

以降独自開発したレーダを装着したが、初期型のイスラエル製のレーダーがましだという評価がほとんどだったが以降、イスラエルと協業して(言葉が協業だが、実、イスラエル製を使用することと同じです。)レーダーを交代します。機体の外部武装装着ステーションは8箇所であり、最大3,650kgを搭載できるとします。空対空、空対地ミサイル、各種精密誘導兵器の運用能力も搭載する予定です。

 

f:id:bryan0230:20190321230239p:plain

しかし、インドの主要ニュースを扱うインド・トゥデイではテジャスは同級の戦闘機よりポクジャンリャンも低く、飛行時間も著しく低いと批判しています。もちろん、自国民がテジャスを非難するだけではありませんでした。反論で"3,600億ウォンと22,000馬力のエンジンを開発することが容易なことではない、エンジンを独自開発する他の国も最初は皆失敗し、テジャス戦闘機はインドの第一歩に過ぎない"と反論しています。

 

f:id:bryan0230:20190321230255p:plain

しかし、この反論に対する反論に"インドの第一歩が30年には二歩は何年をもっと待たなければならないのか? 30年間、エンジンを開発した国はインドしかない"また、他の反論では3,600億ウォンと30年という時間を投資して得たのが50%でもあれば成功だ、しかし、韓国インドが得たものは何があるのか?挫折感しかない"とし非難しています。

 

f:id:bryan0230:20190321230309p:plain

f:id:bryan0230:20190321230319p:plain

このような非難の中にもインド海軍も黙々と艦上用テジャスNを開発しました。しかし、空母に使用されがテジャスNも問題が生じましたが、重量があまりにも重くなり、航空母艦から運用をしないというとんでもない事態が発生します。このようにインドが意欲的に準備したテジャス戦闘機はあまりにも長い開発期間、国産エンジンに対する我執、さまざまな事件事故などで自国民に非難を受けています。


スポンサードリンク