アパッチ攻撃ヘリコプターが操縦し難いと定評の来た理由

f:id:bryan0230:20190321223318p:plain

AH-64Dはタンデム復座型操縦席です。つまり、戦闘機の操縦席のように前後に乗務員2人が搭乗する構造です。しかし、戦闘機と異なる点は基本的に後方席で操縦をすることです。チョンバンソクには射手が搭乗するのに名称は死守だが、することは射撃だけではありません。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321223342p:plain

チョンバンソク乗務員は副操縦士と観測史の役割も果たします。戦闘状況では後方席の操縦士が、様々な事情によって操縦できなくなる時もあります。そんなときチョンバンソクで操縦することもできます。また、各種センサーを操作するのも主にチョンバンソク乗務員の役割です。飛行中、多様な機器を作動したり、情報を収集したり、通信を担当します。

 

f:id:bryan0230:20190321223356p:plain

AH-64Dの特徴であるロングボウのレーダーもチョンバンソクで操作します。センサーで捕捉した標的を照準してミサイルを発射することも基本的にチョンバンソクで実行します。ただ、このようなシステムはチョンバンソクと後方席がリンクされているので後方席の操縦士がセンサーを操作することもできます。

 

f:id:bryan0230:20190321223410p:plain

AH-64Dは騎手にTADSを装着するが、このTADSは機械的に構造が簡素なためにTADSに近いチョンバンソクで操作するように配慮されています。これはAH-1ヒューイコブラ時代から続いてきた概念であり、AH-1Sもやはりチョンバンソクが死守です。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321223423p:plain

もちろんチョンバンソクにも操縦資格を持った操縦士が搭乗するのが一般的です。再び述べ、操縦資格を持ったパイロットは、普段は操縦士として活躍してチョンバンソクに座った時に死守の役割を遂行するとことができます。

 

f:id:bryan0230:20190321223443p:plain

続いて後方席について見ると、AH-64の操縦士は後方席で操縦します。飛行中のAH-64Dの操縦席をよく見れば、後方席の乗務員がつねに操縦桿を握っているという事実を知ることができます。後方席はチョンバンソク乗務員の頭の高さより48cm高いです。

 

f:id:bryan0230:20190321223459p:plain

ところで左右の窓が縦に長くてチョンバンソクよりやや高い位置にあるため、横の方はよく見えるが、前下はあまり見えなくなりました。実際に操縦席に座ってみると輸送ヘリコプターのサイド・バイパイドゥシク(左右両側に操縦士が座る方式)の操縦席より視野が狭いです。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321223512p:plain

低い高度で飛行したり、とりわけホバリング(空中停止)を行う際には操縦士が地上との距離を目で測定して機体を適切に制御することが重要です。しかし、操縦席から見える視野が限られているためにPNVSを使用して画面に映った光景を見ながら操縦しなければなりません。もしPNVSが故障したり、使用できなくなると、TADSの映像に切り替えて視野を確保して操縦を継続することができます。

 

f:id:bryan0230:20190321223532p:plain

また、アパッチ、操縦席には特別な装備が一つあるが一体化したヘルメット示現照準装置がまさにそれです。チョンバンソク死守、後方席の操縦士はいつも一体化したヘルメット示現照準装置を着用してAH-64Dを運用します。これはヘルメットに装着した各種の示現装置で右の目の前に透過式シヒョンブを設置して高度、速度、防衛などの飛行情報のほかにTADSやPNVSなどが捉えた映像も表示することができます。

 

f:id:bryan0230:20190321223550p:plain

ヘルメットにこのような示現装置を設置することで、死守と操縦士はどの方向に向かっても、各種の情報を瞬時に把握することができます。つまり操縦席の動機や表示画面にいちいち目を向ける必要がないという意味です。既存のAH-1Sは前方示現装置を操縦席計器盤の上に付着したが、HUDは、パイロットが正面を向けなければ表示を読めない不便さがありました。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321223619p:plain

アパッチの操縦士は左の目で外部状況を把握し、右目にIHADSS(ヘルメット内装視野表示システム)に映る表示を眺めて操作しなければならないために慣れる前には使用することが非常に難しいという短所があります。したがって、米軍の場合にはヘリの操縦ベテランだけに、アパッチの操縦席と射席を任せています。

 

f:id:bryan0230:20190321223633p:plain

特に、操縦士は、両方の目で同時に眺めなければならないものが四つであるに、操縦し難いと悪名が高いが、左目からは外部光景と計器盤を眺めなければならず、右目ではIHADSS(ヘルメット内装視野表示システム)を通じて、外部光景と表示される画面まで眺めなければなりません。

 

f:id:bryan0230:20190321223648p:plain

普段は左目と右目に、それぞれ他の事物を見ていないため、慣れるまで多くの訓練と別途の訓練が必要です。実際にアパッチ操縦士の言葉を借りてみると、"従来のヘリコプターを操縦した時とは全く違った疲労感が生じる"と言ったりもしました。このようにアパッチは同時に眺めなければならないことも多くて、先端装備によって表示される情報も多様、下野の操縦士たちは口をそろえて操縦し難いと話しています。


スポンサードリンク