F-22を世界最強の戦闘機を作ってくれた空対空ミサイル

ご存知のようにF-22は、現存する最強の戦闘機に特に空中戦能力を認め受けた5世代戦闘機です。F-22は、高いステルス性と超音速巡航、初期同省が有名かどうかだけをそれに劣らずF-22をと目立たないものが空対空ミサイルです。今日はF-22を空中戦1因子で作ってくれたF-22に装着する空対空ミサイルについて調べます。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321222249p:plain

1. AIM-9サイドワインダー

 

AIM-9サイドワインダーは赤外線誘導方式、つまり特定の物体が放つ熱を捉えて追跡する空対空ミサイルです。1946年、米海軍は熱を探知してその発生源を追跡する赤外線誘導ミサイルを研究し始め、1953年9月にAIM-9Bを生産及び部隊に配置します。

 

1970年代に入って、米国空軍と海軍が共同で3世代サイドワインダーの研究を開始して標的の正面でも発射できるように高感度感知装置を備えたAIM-9Lを創出しており、これを改良して妨害手段に対する高い対抗力とロケットモーターを鉛フリー化したものがAIM-9Mです。

 

f:id:bryan0230:20190321222817p:plain

サイドワインダーは熱を捕捉する空対空ミサイルである飛行中の航空機で最も温度が高いところはエンジンの排気口なので、標的の後方を狙ったら命中率が高いです。サイドワインダーは小型ミサイルで運動性が優れているため、短距離戦闘で主に使用されます。現在F-22が装着したAIM-9サイドワインダーは3世代のM型です。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321222836p:plain

頭にある赤外線探知装置の感度が高く、飛行中に航空機の主翼で発生する摩擦熱も捕捉できいて標的の正面から発射することもできます。また、従来型より妨害に対する対処能力が高いです。サイドワインダーの最新型はAIM-9Xであり、AIM-9Xは操縦士のヘルメットに装着した照準装置を活用して操縦士が動く頭の方向に発射することができます。F-22もヘルメット照準装置とAIM-9Xを運用するものとみられるが、まだ計画段階にあります。

 

f:id:bryan0230:20190321222853p:plain

2. AIM-120 AMRAAM

 

AIM-120 AMRAAMは米空軍と海軍が1975年に発達型ジュンサチョン空対空ミサイルプロジェクトで開発したミサイルであり、このプロジェクト名がそのままミサイルのニックネームで定着しました。AMRAAM(アムラーム)はジュンサチョン空対空ミサイルで使用していたAIM-7スペロウの後続ミサイルで開発しようとしたことでした。

 

スペロウより速度が速く、射程距離が長く、運動性が高いミサイルを開発して電子妨害などの対抗手段に対する抵抗力を備えることが目標であり、能動型レーダー誘導システムを採用することが目標でした。

 

f:id:bryan0230:20190321222921p:plain

元々はバンヌンドン型レーダーを装着したがバンヌンドン令レーダー誘導とは、戦闘機がレーダーで標的を調査すれば、その反射波をミサイルのアンテナがキャッチしてその反射員を向くようにする誘導方式です。


スポンサードリンク
 

 

そのために戦闘機はミサイルが命中するまで標的をレーダーで捕捉していなければなりません。ミサイルが飛んで行く途中にレーダー調査が中断されれば、ミサイルは方向感覚を失います。これは特に正面を横切った動きについて非常に脆弱しました。

 

f:id:bryan0230:20190321222942p:plain

このような短所を補完したことがリードして言及した能動型レーダー誘導だが、能動型レーダー誘導とは、ミサイル自体に完全なレーダーを装着して戦闘機がレーダーで標的を指示すれば、その情報がミサイルに伝達されて発射後には、ミサイル自体のレーダーを利用して自ら標的を向くようにする新技術です。そのおかげで、戦闘機はミサイルを発射した後にこれ以上気にせず自由に行動できるようになります。

 

f:id:bryan0230:20190321222956p:plain

F-22はこのAMRAAMを中央ムジャンチャンに収容するうえで限定された空間に3発ずつ収容したために中央ミサイルの位置をやや前方へ寄せて装着します。それでも依然として空間が不足するためにミサイル本体にかかったピンの最後を少し切ったAIM-120C系列を運用しています。


スポンサードリンク