私たちの考えよりは多様な軍用ヘリ種類

f:id:bryan0230:20190321221451p:plain

よく知っている軍用ヘリといえばAH-64アパッチのような攻撃ヘリを思い出されます。しかし、その他にも輸送、汎用、偵察、構造、対潜、無人ヘリコプターなど多様な軍用ヘリがあります。一緒に見てみます。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321221510p:plain

1. 対戦車ヘリコプター

AH-64アパッチのようなヘリコプターを攻撃ヘリコプターと呼ぶが、米軍がベトナム戦争に初めて投入したAH-1は対戦車ヘリコプターと呼んでいました。電車は、地上兵器の中で厚い手袋を備えた兵器で、そのような戦車を撃破するためには強力な武装が必要し、それで武装したヘリコプターの中でも特に電車を一撃で破壊できるミサイルとロケットを多く搭載する航空機を対戦車ヘリコプターと呼ぶようになりました。

 

f:id:bryan0230:20190321221537p:plain

米ソ冷戦時代には両国いずれも強力な戦車を運用していたためにその電車を撃破できるヘリコプターが重要でました。しかし、冷戦が終わった後は、標的が多様化して対戦車ヘリコプターという言葉は、頻繁に使用するものではありません。

 

f:id:bryan0230:20190321221555p:plain

2. 輸送ヘリコプター(地上)

ヘリコプターは滑走路のないところでもイチャクリュルハル数いるというのが最大の長所です。戦闘現場では必ず普及を受けなければならないが、ヘリコプターが戦闘現場に普及をする役割を担当します。


スポンサードリンク
 

 

輸送機で戦闘物資を飛行場があるところまでいったん大量に輸送してその飛行場で戦闘現場まではヘリコプターで輸送することになります。これを端末輸送と申します。

 

f:id:bryan0230:20190321221616p:plain

ヘリコプターで輸送できる物資は実に多様だが、施設運用と兵士の衣食住に対する物品はもちろん、大型ヘリコプターCH-47は、内部に車両を積んで運搬することもでき、機内に載らない物資をロープにつるして輸送するスリングの方法としては、装甲車も運搬することができます。しかし、ヘリコプター輸送は運送費がかさむ、緊急に運送しなければならない物資だけをヘリコプターで運搬する方です。

 

f:id:bryan0230:20190321221629p:plain

3. 輸送ヘリコプター (艦上)

全世界で活動する米国海軍と航空母艦保有した国では艦上輸送ヘリコプターはなくてはならない存在です。米国海軍では、海上補給任務を垂直の普及(vertical replenishment VERTREP)と呼びます。補給艦では定期的に輸送ヘリコプターを飛ばして航空母艦巡洋艦などの戦闘艦に物資を輸送します。普通はMH-60Sのようなヘリコプターがコンテナをスリング輸送するため、いちいち制動する必要はなく、この方法で、潜水艦にも普及することができます。

 

f:id:bryan0230:20190321221653p:plain

4. 多用途ヘリコプター

軍隊では目的によって様々な任務を遂行できるヘリコプターを使用します。汎用(utilty)の頭文字であるUを記号につけるUH-1とUH-60が代表的です。同じ意味を持った多機能(multirole)の頭文字であるMを機種記号に付けたMH-60、MH-53等のヘリコプターもあります。10人程度が搭乗できるヘリコプターが一般的に使用されます。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321221714p:plain

この多用途ヘリコプターは、座席を設置すれば、人員を輸送することができ、座席を除去して内部を広げれば、一般的な物資を載せたりに便利になり、担架を搭載すれば救助ヘリコプターでも使用することができます。

 

任務ごとに専用ヘリコプターを用意することは、人員と予算の浪費につながることに、中型多用途ヘリコプターを準備していろいろ任務に柔軟かつ便利に対応できるようにします。ただ、多用途ヘリコプターは整備性が良くて安定性が高くなければなり、整備費用を減らすため、双発ヘリコプターを使用するのが一般的です。

 

f:id:bryan0230:20190321221733p:plain

5. 偵察ヘリコプター

韓国が導入したAH-64Dのような戦闘ヘリコプターは敵を見つけるための高性能センサーを備えているが、偵察や攻撃を一機の航空機にできるヘリコプターはあまりありません。さらに、攻撃ヘリコプターは航続距離が偵察ヘリコプターより短いために非効率的です。ヘリコプターは敵を発見したらゆっくり接近してホバリング状態から兵器を発射しなければならないが、この低速飛行とホバリングをするためには燃料がたくさん必要です。

 

f:id:bryan0230:20190321221758p:plain


スポンサードリンク
 

 

従って、まず偵察ヘリコプターが先に出動して状況を把握した後、味方に報告します。偵察ヘリコプターはなるべく軽く、燃費が良くて、敏捷しなければならず、騒音が少なくなければなりません。米国陸軍が利用しているOH-58Dが代表的です。

 

f:id:bryan0230:20190321221815p:plain

6. 特殊戦ヘリコプター

通常の方法で作戦しない、秘密裏に小規模作戦を遂行する部隊を特殊部隊とし、これを支援するヘリもあります。特殊作戦で隊員を投入したり、帰還させる際にヘリコプターを最も多く利用します。隊員たちはヘリコプターから海に飛び込んだ後、敵地に上陸したり天下りを背負って飛び降りたが、ロープ一列に数人を一度にヘリコプターへと押し上げるなど、通常の兵士たちがしないことを実行します。

 

f:id:bryan0230:20190321221836p:plain

特殊戦ヘリコプターは敵地で飛行することもしなければならないため、適切な武装を備えなければなりません。。また、最も重要なことは特殊部隊は夜間行動をしばしば見せるために夜間飛行能力を備えたヘリコプターを使用します。赤外線暗視装置、地形の追跡レーダーなど高性能の航法装置を備えたヘリコプターが特殊戦ヘリコプターで選択されます。


スポンサードリンク