空母乗組員が極限職業と呼ばれる理由

f:id:bryan0230:20190321194448p:plain

ニミッツ級航空母艦のように飛行甲板の長さが330メートルを超える大型航空母艦もあるが、飛行甲板の長さが174mしかならない航空母艦も存在します。戦闘機などが飛行するためには一定の長さの滑走路が必要だというのは誰もが知っている事実です。


スポンサードリンク
 

 

それなら狭く狭い(通常、地上滑走路の3分の1道が)航空母艦から艦載機はどのように放ったことできるんでしょうか。今日は航空母艦艦載機が放ったことする順序と過程について詳しく調べてみます。

 

f:id:bryan0230:20190321194506p:plain

カタパルトは艦艇で固定翼航空機を迅速に発進させるための重要装備です。ご存知のように艦載機が飛行するには、どの程度のスピードが裏付けられなければなりません。このカタパルトがまさにそうした役割をしてくれるけど、米国海軍が使用するC-13蒸気カタパルトは、航空機を2秒ぶりに約300km/hの速度で加速することができます。C-13蒸気カタパルトはボイラーとして造成した蒸気をタンクに貯蔵し、射出する航空機の重量に合わせてシルロンドで送って、ピストンを押し出す方式です。

 

f:id:bryan0230:20190321194524p:plain

ニミッツ級は4台のC-13 Mod.2カタパルトがあります。1台が60~80秒ぶりに一度射出できるため、4代のカタパルトを使用すれば、1分間に3~4機の航空機を発進させることはできます。艦載機をカタパルトに連結してから射出するまでには長くても2分程度しかかかりません。甲板要員はサチュルハため、操縦士にこまめに秩序だった信号を送ります。

 

f:id:bryan0230:20190321194538p:plain

黄色のシャツを着た艦載機の監督官の誘導によって艦載機をカッターウールに連結して折れた翼を展開します。2人の飛行大隊の飛行監督官が航空機を確認して武装を装着すると赤い色のシャツを着た武装要員が安全ピンを削除します。


スポンサードリンク
 

 

緑色のシャツを着た重量表示の要員は事前に知らされた重量を重量の表示板に表示して操縦士に見せてくれます。中央甲板要員は飛行甲板の下の階のカタパルトエンジン室に重量を伝え、蒸気圧力が重量に適合しているかを確認します。

 

f:id:bryan0230:20190321194551p:plain

その日の任務が戦闘なら航空機が爆弾を装着して重いだろうが、そのような場合は、最初から蒸気圧力を最大重量に合わせます。反対に軽い場合には、必要なだけに、蒸気を抜いて圧力を下げるます。中央甲板要員はハムギョウィ管制所で風向と風速情報を受け取り、射出要員に見せてくれます。射出要員は風力が不足すれば、艦船の速力を上げるよう伝達したりします。

 

f:id:bryan0230:20190321194608p:plain

ほぼ同時に緑色のシャツを着たホールドバック要員がホールドバックバーを持って来てノーズギアの裏面チョイントゥブにホールドバックバーの一端を入れて、他の側の端をカタパルトに固定します。ホルトゥベクてはジェットエンジンが作動していても蒸気カタパルトの力を加えない限り、これに進むのではないようにするロック装置です。

 

f:id:bryan0230:20190321194624p:plain

作業が終われば、ホールドバック要員は、航空機から脱して今回は緑色のシャツを着たフクオプ要員がうずくまって座った姿勢でノーズギアとシャトルの位置を確認した後、監督官に手信号を送ります。


スポンサードリンク
 

 

監督官は、操縦士にブレーキを徐々に引き、航空機がゆっくりと前に進むよう腕を頭上に振ります。ノーズギアのランチところがシャトルにがちゃりと掛かったらフクオプ要員は周辺の安全を確認した後、親指を引っ張りあげながら早い速度で走って航空機から離れます。

 

f:id:bryan0230:20190321194645p:plain

監督官は、パイロットの視線を射出要員に向くように信号を送って今回は射出要員が操縦士をした指で指し、他方の手を振ります。操縦士は、この信号を確認すると、エンジンのパワーを高めます。操縦士は準備ができたら、射出要員に敬礼して中央甲板要員も親指を跳ね上げ、蒸気圧力の状態と風速に問題がないことを射出要員に知らせてくれます。

 

f:id:bryan0230:20190321194659p:plain

射出要員がその信号を確認した後カタパルト安全観測員に安全を確認した後、キャットウォークの甲板端の要員に発しボタンを押すという指示を下します。要員が射出ボタンを押して操縦士はエンジンを最大出力にした状態で身を任せます。必要なら、アフターバーナーまで点火します。射出と私は後甲板では残されたホールドバックバーを回収しながら、次の放ったことを準備します。

 

f:id:bryan0230:20190321194714p:plain

f:id:bryan0230:20190321194726p:plain

こんなに詳しく艦載機射出の過程を見ました。先立って言及したが、このように射出する過程が長くても2分しかかかりません。航空母艦の甲板要員たちはこのように厳しい(?)の職務を務めており、18歳~26歳以下の若い・ソルジャーたちが主に配備されています。


スポンサードリンク