韓半島を365日、偵察するという高高度偵察機の正体

f:id:bryan0230:20190321193934p:plain

こんにちは。お久しぶりにお会いします。今日は、米空軍で60年が過ぎた今も運用しているベテラン偵察機、容姿も風変わりなU-2偵察機について調べます。U-2偵察機の初めてコンセプトは、戦闘機もミサイルも掲載されていない高い所で飛行しながら露骨に偵察すると、というコンセプトで作られた偵察機です。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321193947p:plain

U-2偵察機は珍しくも米空軍ではなくCIAが開発費を全部支払って開発した機体に独自の偵察飛行隊で運用した挙句、独自の偵察飛行隊が解散したところ、米空軍所属に移った機体です。

 

f:id:bryan0230:20190321194001p:plain

基本的な設計は、迎撃機F-104を発展させており、航続距離一万km以上、最高速力マッハ0.6の航空機であり、最大上昇高度が万フィートにとても高いように私は偵察機です。他の偵察機を例題にとると、無人航空機のプレデターが最高7600m、偵察機の中で上位級に属する・リッパーの偵察機が最高1万5千m、グローバル・ホークが最高2万なのに比べてU-2偵察機は彼に上回る飛行高度を自慢します。

 

f:id:bryan0230:20190321194015p:plain

こんなに高い高度を自慢したため、初めてコンセプトの戦闘機もミサイルも届かないことの上空で堂々と偵察という目的を達成し、当時ソ連航空にはU-2偵察機の姿が流れないように発見されたりしました。ソ連の立場では堂々と偵察するU-2偵察機を非難したが、これといった迎撃する方法がなく、米国ではかなり愛される機体でした。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321194029p:plain

ただ、ロシアや中国の地対空ミサイル技術の向上で、迎撃を受け始めた、ロシアはもちろん、中国にも数度にわたって迎撃を受けます。それで米国はより高く飛んで偵察する偵察機を作って見ようか?という考えを通じて作ったのがすなわち人類歴史上最も早くて高くに飛び交っていたSR-71ブラックバードです。

 

f:id:bryan0230:20190321194041p:plain

当時の人類工学技術を網羅したSR-71は人類の歴史に一線を画した画期的な機体だが、その膨大な維持費に手を挙げた米軍はブラックバードを退役させ、U-2偵察機を再び現役に置きます。

 

f:id:bryan0230:20190321194058p:plain

冷戦時代にも物かは現在は使い道ないのではないか?と思っているか分からないが、迎撃能力がなかったり、迎撃以降の状況を手におえない国を相手に依然としてU-2偵察機はその値をしてくれています。最近、活躍ぶりは、イラクアフガニスタンなどで活躍しており、現在も北朝鮮監視資産からも活躍中です。人工衛星とは別に10時間以上あちこち歩き回って飛行および偵察をできることがU-2偵察機の最大の長所です。

 

f:id:bryan0230:20190321194112p:plain


スポンサードリンク
 

 

ただ、10時間以上飛行することにU-2偵察機パイロットたちは苦労が並大抵ではないとします。上の写真のような特殊に設計されたヨアプボクを着て飛行します。我々がよく知っている宇宙服と容姿や性能が同じなのにこのヨアプボクは10時間飛行のために飲料の取水、食事、用をたすのが可能に設計されました。

 

f:id:bryan0230:20190321194126p:plain

宇宙服と似たと考えるのが勘違いがないことが、私たちが知っている宇宙往復船の始めにU-2ヨアプボクイキからです。10時間以上飛行し、精神的、肉体的に苦痛を受けているU-2偵察機パイロットらは自負心がとても強い方だが、U-2偵察機パイロットたちは宇宙往復船のパイロット機会が先に優先で与えられるためです。

 

f:id:bryan0230:20190321194158p:plain

f:id:bryan0230:20190321194217p:plain

u-2偵察機はエンジンを止めても1時間以上飛行することができ、キューベイに装着した軍事用カメラであっちこっち写真を撮りながら、偵察を行なうのが主な目標です。雲をくぐってレーダーを撮影できる装備を備えており、雨が降っても、雪が降ろうと関係なく偵察できることも大きなメリットです。現在もU-2偵察機大韓民国の上空を飛び、対北朝鮮監視をしているありがたい機種の一つです。


スポンサードリンク