潜水艦に女性乗組員もいる国

f:id:bryan0230:20190321193323p:plain

潜水艦の生活はそのどちらより難しくて退屈、劣悪と言われています。それで潜水艦乗組員を選ぶ際に欠かさず最も重要だと考えるのがまさに精神健康です。今日は劣悪な潜水艦生活をする乗組員について全般敵に調べてみます。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321193340p:plain

潜水艦が1ヵ月以上の長期間の哨戒任務をするようになったのは2次大戦からです。しかし、当時の潜水艦は乗組員が長期間生活できるように建造されませんでした。狭い艦内に乗組員を入れた状態だったのにハムネヌンいつも蒸すように暑い、

 

洗濯をすることができなかったのにいつも油のにおいにやつれた服を着なければならなかったです。また、水も貴重で勝手にシャワーもできない、不潔な環境に栄養不足まで重なって乗組員の間には皮膚病まで流れたとします。

 

f:id:bryan0230:20190321193404p:plain

今日の潜水艦は自動化技術の発展で、スンジュの敵が減少し、その分、1あたりの空間も増加しました。しかし、乗組員は依然として私生活もなく多くの不便の中に生活します。メリットは小さい在来式潜水艦だけでなく、巨大な原子力潜水艦も同じです。ために居住区域そのものも各種機械が設置されており、配置や大きさや形、色、機能性などを緻密に考慮します。

 

f:id:bryan0230:20190321193418p:plain

もちろん前に比べてよくなったが、劣悪な潜水艦生活には乗組員の士気を維持することが何より重要です。潜水艦の乗組員のやる気をどう維持するかは昔も今も変わらない重要な問題です。閉鎖された空間に居住して任務を全うする乗組員は私生活もなく自由でない退屈な生活を繰り返します。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321193433p:plain

乗組員の士気を維持する方法は…大きく別件ないが、大変な訓練を実施して士気の低下を防止しています。潜水艦乗組員たちが最も大きな問題だと話したのは'退屈'每回繰り返す退屈陰鬱な日常が乗組員を厳しくするということです。交戦だけでなく、船内で火災が発生したり、原子炉がチョンジド、状況など様々なケースを想定し、艦長は乗組員を鍛え、こうして乗組員の緊張感が維持されて艦戦闘力の維持も気を使います。

 

f:id:bryan0230:20190321193446p:plain

身体を動かすのも運動不足だけでなく、ストレス解消にも大きな効果があります。艦内空いた空間ではトレーニングマシンが設置されてオハイオ級原子力のような大型潜水艦では運動場の役割をするミサイルバルサグヮンシル内部でランニングをしたり、さまざまな体育活動が行われています。

 

f:id:bryan0230:20190321193500p:plain

乗組員が任務に集中するためには家庭問題も大きな影響を与えます。勤務中に臨戦態勢で過ごす潜水艦の乗組員と平和な日常生活を送る家族とは距離感が生じるしかないです。それで米海軍は出動後に帰航の際には、乗組員家族を潜水艦に招待して、夫、または父の任務を理解させようと努力しています。

 

f:id:bryan0230:20190321193514p:plain

最後にこんなに大変な乗組員生活に果たして女性乗組員もいるかご覧ください。米海軍は1973年から非戦闘艦艇に女性将兵の勤務を認め始めます。以後、20年が過ぎた後、1993年からは空母や駆逐艦など戦闘艦艇に戦闘要員として配置した女性の数も増加し、含意重要な任務を務めた人たちも多いです。米国では女性が敵階級を付けたのも驚くべきことはありません。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321193529p:plain

そんな自由な米海軍も女性が進出したのは、水上艦艇だけで潜水艦だけは依然として男たちの世界でした。その理由は、原子力潜水艦のような大きな落とし穴でも生活の居住空間はグクダクチョンに細くて乗組員のプライバシーが全然なかったからです。兵士3人が2つのベッドを利用するのが代表的な事例です。そんな閉鎖的な空間に3ヵ月や男女が共同生活をしながら、任務を受けたら、もっと多くの問題が生じます。

 

f:id:bryan0230:20190321193542p:plain

しかし、優秀な女性将兵を獲得しようという目的で2009年からレイメイバス、海軍長官の主導の下、米海軍は女性の潜水艦スンチョを許可し、乗組員の候補者を選別して訓練を開始します。彼から2年後2011年12月には、弾道ミサイル潜水艦SSBN-742のワイオミング、SSBN-741メインなど4隻に女性将校が配置されました。

 

f:id:bryan0230:20190321193555p:plain

米海軍は女性の潜水艦乗組員募集のために、海軍士官学校や一般大学のROTCを卒業して任官した女性を原子力潜水艦に招待して体験搭乗を実施しています。女性の潜水艦乗組員と24人の候補を選抜して原子力学校と原子炉のプロトタイプ学校、潜水艦将校基本コースで原子力潜水艦将校として訓練を1年以上させて最終的に12人を正式配備します。

 

f:id:bryan0230:20190321193610p:plain

女性乗組員の潜水艦の生活は一般男性の将校らと星違いがないです。女性乗組員が配置されたことは現在までとも大型のオハイオ級原子力潜水艦に配属された女性は将校であるため、3人あたり1室の士官寝室が指定され、男性将校の寝室の広さと配置も同じです。現在まで、潜水艦に女性乗組員を正式に配置したのは、米国が最初です。


スポンサードリンク