退役した航空母艦はどうなるだろう?

f:id:bryan0230:20190321192804p:plain

空母も寿命を持った機械であるだけに、いつかは引退するしかないが、以降に歩くことになる道はそれぞれ異なります。任務を終えて退役した空母は解体されるのがほとんどだが、その中には第2の人生(?)を生きていく場合もあります。


スポンサードリンク
 

 

古いものの中には建造されてから50年以上経ってもその姿を見ることができる空母もあります。軍艦は不要になれば、解体されるが、使用する気持ちがあるのなら、意外と長い間使用できるのです。

 

f:id:bryan0230:20190321192832p:plain

退役艦が他国に売却されるケースはとても多いが特に空母の場合、中小国は、中古品で装備します。空母が所有したいが、乾燥ノウハウがないとか、天文学的な建造費がかかる空母の建造費用がないとか 等空母保有国の空母を購入するケースがとても多いです。。もちろん、艦名は新たに付ける場合が多いです。

 

f:id:bryan0230:20190321192847p:plain

売り方は解体費用が節約されるほか、外貨も獲得できるために悪い話はありません。ただ、空母にある各種の技術が露出されためにどの程度同盟性がある国家に販売するケースがほとんどです。

 

f:id:bryan0230:20190321192900p:plain

英国は大戦末期から戦後に至るまで、多くの軽空母を急造したが、その殆どが完成後間もなく売却されました。英国のコルロソスグプはフランスに、ベネラブルはオランダに、ベンジェンスはブラジルに、ウォリアーは、アルゼンチンに売却されました。


スポンサードリンク
 

 

ここでベネラブルはイングルドゥ・デッキに改造された後にアルゼンチンへ売却されてベインティシコにマヨになりました。また、マジェスティックとテリブルグプはオーストリアハーキュリーズはインド、パワフルはカナダに売却されました。

 

f:id:bryan0230:20190321192925p:plain

ベインディシコにマヨグプはフォークランド紛争時まで現役だったが、結局出撃できず英国は1959年に完成された同級空母ホミスをフォークランドに派遣したため、うまくやればジャメハさ同士の対決が起こる可能性もありました。参考にホミスは1985年に退役し、1年が過ぎた1986年にインドに売却されてビラトゥグプに改良され、現在も現役で活躍しています。

 

f:id:bryan0230:20190321192941p:plain

フランスは2001年シャルル・ド・ゴールの就役と同時に、高経年化されたポスィを退役し、ブラジルに売却しました。ブラジルはポスィを導入してサンパウロ級に改名させました。サンパウルログプは現在もブラジルで現役でプレーしている32,000トンの正規空母です。ただ、ブラジルは2017年に老朽化したサンパウルログプを解体および退役するという決定を下したとします。

 

f:id:bryan0230:20190321192956p:plain

f:id:bryan0230:20190321193007p:plain

ソ連が建造した6隻の空母はソビエト崩壊後オドゥミロルクジュネチョプグプを除いて全て解体されたり売却されました。オドゥミロルクジュネチョプグプ2番艦バリヤグはウクライナの手に渡された後に中国に売却されました。


スポンサードリンク
 

 

中国は渡せ受けたバリヤグ級を改良し、これを遼寧艦に改名して実戦配備した状態であり、現在は台湾海峡で武力デモを行うという方法で活用しています。

 

f:id:bryan0230:20190321193023p:plain

このように空母を他国に売却することはとても普遍的なことだが、米国は例外です。米国は空母をそのどの国よりも大量に建造し、今も建造しているが、インディペンデンス級を数隻のフランスやスペインに譲渡したこと以外に海外に放出することを極度に避けています。ごく一部が予備役に保管されているほか、解体されたり、訓練や実戦で治まりました。

 

f:id:bryan0230:20190321193038p:plain

f:id:bryan0230:20190321193048p:plain

米空母は売却することより博物館に使用するが、長い間横須賀を母港としたミッドウェーやエセックス級イントゥレビット、ホーネット、レキシントン、フォレスタル級は市民が自由に見学することができるようにしました。

 

f:id:bryan0230:20190321193103p:plain

f:id:bryan0230:20190321193113p:plain

退役後、特異な暮らし(?)を生きていく空母もあります。そのうち、ロシアのキエプグプはインドに売却されたり、中国に売却されて博物館ではなく、一つのテーマパークに変わってしまったこともあり民間船舶に使われる場合もあったが、日本海軍空母で終戦時まで生き残ったホショグプ、カッツという級は戦争が終わって、海軍のハムジョクで除籍された後、数年の間、各全域で帰還兵らを輸送する船舶に転用されており、その後解体されます。最後にオリスニ(CV-34)はフロリダでわざと沈めて人工魚礁になり、こちらは現在、スノークーリング・スポットになりました。


スポンサードリンク