世界唯一の核攻撃が可能なフランス空母の9つの苦難

今日はフランスの唯一の航空母艦、フランスの自尊心シャルル・ド・ゴール級航空母艦について調べてみます。米国他の国家が運営する唯一の原子力航空母艦であり、米海軍空母が核攻撃能力を除去した現在、世界で唯一、核攻撃能力を保有する航空母艦です。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321191746p:plain

上で言及した事実らのおかげで、かなり高い評価を受けているが、建造および就役当時、莫大な問題点があり、このために乾燥だけ11年がかかりました。一緒によく見てみるようにします。

 

f:id:bryan0230:20190321191759p:plain

シャルル・ゴールはブルターニュに位置したDCNブレスト海軍造船所で建造されました。 この中型の原子力推進航空母艦は建造中に搭載された原子炉の設置問題で内部を切断し、原子炉を交代する紆余曲折を経験しました. 設置した原子炉は潜水艦用に普通は大型艦艇用で、潜水艦用に変更したり、そうでなければ二用途を念頭に置いて設計するはすだが、思わずそのまま使用したが、その後、問題が大きくなりました。

 

f:id:bryan0230:20190321191814p:plain

海上試験の結果からE-2Cの制動が不可能だという事実が明らかになっており、この問題を解決しようと飛行甲板が4.4m延長されました. 2000年12月には作戦に投入される予定だったが、今度は長距離海上試験の間、プロペラ羽が破損されたため、作戦投入は再び2001年4月に延期され、結局、就役は彼から1ヵ月後に行われました。


スポンサードリンク
 

 

乾燥で運用までの過程を見ると、45,000トン級航空母艦のくせに(?)の建造、維持費がオマ無知するだけ増えました。問題が続いて2番艦はキャンセルされてしまいました。

 

f:id:bryan0230:20190321191833p:plain

そしてもう一つの驚くべき事実は航空母艦の中では世界で初めてステルス設計が適用されたが、主にレーダー反射が多く発生する艦橋に導入されました。その他にも海上模様5/6で、航空機を運用できるのに船体が水平から0.5度傾いても安定化させられるように設計された、電子化されたSATRAP統合の安定化体系をガトチュンチュです。このSATRAP統合の安定化体系は、船体の揺れを自動的に統制し、風と傾斜補正をするために設計されたものです。

 

f:id:bryan0230:20190321191847p:plain

すでに搭載されているピンステビルライジョ2兆と方向舵2条にSATRAP統合の安定化体系を追加で搭載しており、この体系はコンピューター2台によって統制される補正装備を持ちます。この補正装置は22トンの重量を運搬できる2つのレールトラックで構成され、レールトラックは飛行甲板の下を横切っています。 しかし、シャルル・ゴールは構造上多くの問題点を露呈し、乾燥着手して以降、絶えずこれを指摘されました。

 

f:id:bryan0230:20190321191901p:plain

1996年に搭載した原子炉のような形の陸上試験原子炉容器に亀裂が発生して、原子炉の強度不足が露呈されたしこのために、フランス海軍は原子炉区画の強化を実施しており、、この工事で排水量が約5,000トンが増加し、最大速度の低下や艦内面的の減少という事態が発生しました。 この時、原子炉が誤って設置されて機関部の乗組員は、年間許容量の5倍を超える放射能に露出されていたとします。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321191916p:plain

また、一つの問題点はシャルル・ゴールは原子力推進しㅁイムにもかかわらず、以前の蒸気タービン推進式のクレマンソー級よりも速力が遅い短所を持っていました。 シャルル・ド・ゴールのために開発されたプロペラがまともに作動せず、クレマン遡及2番艦のポスィに使用していたプロペラを流用したし飛行甲板も作戦に必ず必要なE-2Cホークアイ哨戒機の運用が難しい点が発見されました。

 

f:id:bryan0230:20190321191931p:plain

E-2Cホークアイが安全に制動するには制動甲板が短く、つまり、ややもすれば買って出る危険を持っていました。 その他にも艦艇の他の主要部分がまともに動作しませんでした現在は持続的な修理と改良作業を通じてある程度問題は解決された状態です。けれど、この継続的な修理と改良作業で予算が過度に超過しました。予算におよそ3倍を食って結局、2番艦はキャンセルされてしまいました。

 

f:id:bryan0230:20190321191945p:plain

以外にも様々な苦難会社があったのに、もっと簡単に紹介をしょうならば、

 

f:id:bryan0230:20190321192000p:plain

1. 不況あるいは予算不足でお金がなくて船を建造するキャンセルしてこれを繰り返し、元々のスケジュールよりも5年遅れて就役しました。


スポンサードリンク
 

 

2. 乾燥中、設計変更に工事中断などによって予算が元々の予想の3倍が必要とされるため、2番艦は夢も見なくなって取り消されました。

 

3. 工事が進んでいる状態で原子炉にトラブルが発生し、再び船を切って原子炉を交代しなければならなかったです。

 

4. 80%以上工事が行われた際はホークアイを飛ばすことには、滑走路が短くて延長工事を実施しなければならなかったです。

 

f:id:bryan0230:20190321192027p:plain

5. 試験航海中にスクリューが故障したのに、製作会社は破産に設計図は火事で焼失し、

 

6. 級一代でクレマン遡及のスクリューを持ってきて配置したが、速度低下に深刻な騒音が発生しました。

 

7. 有毒ガス漏れで、乗組員2人が病院の世話を受け、、

 

8. オーバーホール後に推進システムに異常摩耗の問題が発生しました。

 

9. 載せるべきラファルの開発および配置の日程が大きくなるために、老後機体であるシュペール・エタンダールが2016年まで現役で活動しました。

 

f:id:bryan0230:20190321192053p:plain

この程度なら放棄しなければならない?と気がするほど、シャルル・ド・ゴール級は11年間、数々の苦難師がいたが、現在は世界でも高い評価を受けているが、、実際に2011年、リビア内戦では多国籍軍唯一の正規航空母艦として参戦しました。

 

言葉も多く、不満も多かったシャルル・ド・ゴール級だが、ともあれカタパルト搭載正規航空母艦としての能力はどこ持ってないので、リビア沿岸に位置してジュクジャンチャンラファールMを発進させてカダフィ軍を攻撃し、そのため、フランス軍多国籍軍全体を通じて、33%に上るジサンポクギョクリャンを達成することができました。


スポンサードリンク