F-22戦闘機が特別な理由

f:id:bryan0230:20190321191344p:plain

戦闘機に透明な窓をキャノピーと呼び、一般航空機よりは軍用航空機に多く採用されます。F-22のキャノピーは大きな一体型キャノピーであり、最も後ろの部分に蝶番があって前の部分が上下に動くように作りました。


スポンサードリンク
 

 

キャノピーを閉じるときには操縦席位置まで降りて機体と密着させた後、やや前方に移動してロックすれば、操縦席は完全に密閉されます。

 

f:id:bryan0230:20190321191403p:plain

キャノピーを開ける時にはこれと反対で操作するばいいんですが、開閉装置は、操縦席内の右側にあります。F-22・キャノピーは長さ3.56m、幅1、14m、高さ68.6cm、重さは約160kgもあります。F-22キャノピーは厚さ9.5mmのポリカーボネイト版で作られ、2枚の版を加熱して密着する溶融接着技術を使用しました。

 

f:id:bryan0230:20190321191416p:plain

そして操縦席の中に出てくるレーダー反射を抑制する方法でステルスソンを高めるため、金でコーティングしました。敵のレーダー電波が操縦席を探知されていないための方法でこのような方法が異なる戦闘機にも広く使用されています。一体型キャノピーに金でコーティングされているこれらの要因のためにキャノピー価格も無視できないレベルです。

 

f:id:bryan0230:20190321191431p:plain

このような一体型キャノピーは、離着陸をしときや、超低空飛行をする時鳥と衝突する場合弱いという評価もありました。


スポンサードリンク
 

 

F-16も一体型キャノピーを使用しているが、日本航空自衛隊F-16をもとに大幅に改造したF-2を開発するときは、その任務の性格上、低空飛行が多いために鳥との衝突と正面の風に対する抵抗力を高めるため、天蓋全体の強度を強化しなければならなかったです。(鳥にぶつかっても壊れている日本F-2キャノピー。。)

 

f:id:bryan0230:20190321191445p:plain

F-22は全く問題がなかったが、実際に実験結果F-22のキャノピーは低い高度を高速飛行する時、重量1.8kgの鳥と衝突しても耐えられるほどの強度という事実が証明され、これ以上設計を変更しなくても引き続き使用してきています。

 

f:id:bryan0230:20190321191459p:plain

このような天蓋は堅く固定しなければならないように見えるが、事実そうではありません。すぐに操縦士が危険なとき一番先に除去されなければならないのが天蓋であるからです。操縦士が脱出操作をすればまず操縦席を覆っているキャノピーが自動で脱落し、次いで座席にかかったロケットモーターが点火し、座席が丸ごと散っていきます。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321191514p:plain

操縦士が脱出座席ハンドルを引っ張ったら、すべての過程が自動的に作動するのですが、先にキャノピーが離れて、座席のセンサーが脱出速度と高度を把握して(低い高度、低い速度)、(低い高度、高い速度)、(高い速度、高い高度)3つのモードの一つを選択して自動シークエンス機能を作動させます。

 

f:id:bryan0230:20190321191529p:plain

高い高度から脱出する際には酸素を確保することが問題となります。これに備えて座席の左側に酸素ボンベが置かれています。座席全体が電動によって前後と上下に動くため、操縦士は、自分の体型に合う最適の座席位置をセットすることができます。このようにF-22は天蓋と射出座席まで最先端で操縦士を配慮しています。


スポンサードリンク