約5千人乗務員のうち航空母艦で最も多忙な職責

f:id:bryan0230:20190321140914p:plain

航空母艦ごとに異なるが、ニミッツ級航空母艦の場合約5千人あまりの乗務員が搭乗しています。計5千人余りがそれぞれ異なる職責を任されているが、今日は航空母艦の目と呼ばれるフライフライのエアボスがする仕事に対して調べてみます。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321140944p:plain

航空母艦の艦上にも空港の管制塔の役割をするところがあります。飛行甲板全体を見下ろして航空機が制動する姿を目で確認するために、航空母艦で最も高い場所にあるハムギョウィの左舷に管制塔をおきます。この管制塔を州の飛行管制所として縮約してフライフライと呼びます。

 

f:id:bryan0230:20190321140958p:plain

フライフライの責任者は、エアボスとして副官はミニボスと呼びます。かなり高い職責にもかかわらず、写真に見ることと一緒に緑色のシャツの切れ端(?)を着ている理由は、航空母艦では色別に職責が分かれているために混乱を与えないためです。

 

f:id:bryan0230:20190321141013p:plain

エアボスとミニボスは飛行甲板の上の責任者に発着することの手順などを決定する重要な役割を果たします。航空母艦は、制動作業を向けて艦首側のカタパルト1とカタパルト2しか使用できず、また、射幸甲板の上のカタパルト3とカタパルト4を使用するときは制動作業をしません。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321141028p:plain

発着作業を順調に続いていくために、エアボスは状況に合わせて適当な最も効率的な方法で甲板作業を決定しなければなりません。放つことに作業をする時には、主にカタパルト担当甲板要員と交信するが、放ったことをどのカタパルトで誘導するか指示して風向、風速、甲板の状態などを確認します。

 

f:id:bryan0230:20190321141043p:plain

発揮するする航空機に風速が必要する時、または風向がバルハムキに適切ではないときは艦長に連絡して艦艇の速力を高めたり、針路を変更するよう要請したりします。また、制動機のパイロットと交信して余分な燃料や航空機の状態を確認して、制動を向けた接近方法を決定します。

 

f:id:bryan0230:20190321141058p:plain

パイロットや航空機に緊急事態が発生したときは自動制動方式を使用したり、緊急制動バリケードを設置するよう指示します。このようにエアボスとミニボスは空母乗組員のうち最も多忙な職責であり、船長に劣らず最も重要な職責でもあります。

 

f:id:bryan0230:20190321141113p:plain

最後に写真で見るように航空母艦から勤務する乗務員は少し楽な印象があるが、実状は全くそうではないとします。夏場の飛行甲板の温度は想像を超越して寒い地方に作戦を施行するようになると、体感温度は氷点下30度と言ったら想像するだけでぞくぞくします。彼らの支えは、自国に対する愛国心航空母艦に対する自負心、最後に人たちに比べてかなり高い年俸がないのではと控えめに推測してみます。


スポンサードリンク