中国の軍事力、果して米国を凌駕できるだろうか?

f:id:bryan0230:20190321133541p:plain

中国の軍事力は果して米国を凌駕できるだろうか?

中国は国防現代化を推進しており、量的および質的な側面ですごい成果を収めました。しかし、21歳奇跡の技術標準を基盤とする現段階の情報化技術の発展は、中国が果たして、どの程度まで掲載されているかどうかについて論争の余地ができます。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321133554p:plain

中国軍は民間技術の発展ですばらしい成果を見せているのは事実だが、軍事技術では、まだ遅れを取っているのではないかという意見が支配的です。現在段階の中国は民間技術を依存して軍事技術に取り入れたり、海外の軍事技術を輸入することに依存しているというのがその理由です。

 

f:id:bryan0230:20190321133607p:plain

中国は1989年天安門事態で、米国と欧州を通じた軍事技術の輸入そのものが禁止されて先端技術輸入に難航しています。このような根拠をもとに軍事専門家らは、中国の国防科学技術は米国に比べて、宇宙航空分野は10~15年、通常兵器分野は30年、核兵器は20年の後れを取ってと評価しています。

 

f:id:bryan0230:20190321133619p:plain

中国は生化学前やミサイル、核兵器関連して他国に比べて高い技術を保有しています。しかし、電子、情報、その他の電気、海洋や航空関連技術能力では世界水準と格差がいるため、自体兵器生産能力はまだ不足して決定的に中国軍の先端兵器開発や研究能力が多くの限界を持っています。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321133632p:plain

2002年から2007年まで、中国の重要在来式兵器は94%がロシアから導入したとストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は言います。導入された在来式兵器はヘリコプター、戦闘機、水上艦、潜水艦や防空システムやミサイルなどです。

 

f:id:bryan0230:20190321133645p:plain

しかし、ロシアが北東アジア地域の軍事的均衡、安定を考慮してみると、中国がロシアから先端兵器導入する名分が明確でないです。一例として、ロシアのTu-22M販売見合わせやSu-27や部品調達の問題だけを見ても中国軍の現代化に適用する先端兵器や関連技術の支援に乗り出さないと推測することができます。

 

f:id:bryan0230:20190321133657p:plain

ロシアの中国武器輸出において最も大きな問題点は、中国が、スホーイ戦闘機などロシア兵器を模倣して生産し、これ以上中国を信頼できないということです。中国が望む空中給油機や大型輸送機のインドが遅延されているのも、このような理由のためです。

 

f:id:bryan0230:20190321133711p:plain

そのほかにも、中国は、ロシアからすでに輸入した兵器を既存の武器体系と最適化して運用しなければならない課題を100%解決していない実情です。そのため、中国が購入した兵器を即刻的な戦力増強効果には多少及ばないものと考えられています。中国はこれを補完するため、ロシアと合同軍事訓練でロシアから購入した兵器を実戦練習とともに、適応訓練に注力しています。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321133725p:plain

しかし、もし、中国軍が持続的な経済成長を通じて、武器体系を現代化と軍事理論および連合訓練分野に集中し、軍の現代化に着実に推進するなら、今後10~20年内には、先端技術に合致する局地戦勝利戦略の遂行能力を十分に構築されるものと予想されます。

 

f:id:bryan0230:20190321133741p:plain

米国のマイケル・スウェインは2020年には中国軍の軍事力が海洋監視や拒否能力の面では海岸で1000海里以内を監視できる水上戦闘艦団能力が備わって海岸から500海里以内に海洋拒否戦略を遂行できる海軍と空軍の作戦能力も向上すると予想しました。

 

f:id:bryan0230:20190321133753p:plain

また、海岸200海里以内で、空軍の支援を受けて相当な規模の海上封鎖能力を具備するものと予想しました。そして中国軍事力の投射能力の面でも中国から200マイル以内の地域では3~4個師団を輸送しながら作戦を展開することができるだろうと展望しました。

 

f:id:bryan0230:20190321133810p:plain

中国の軍事力が増強することで韓国を含めて米国、日本、台湾など中国と関連した諸国家聞いた憂慮とともに対応できる戦略を樹立するために苦心している状況です。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190321133824p:plain

中国の急速で早い軍事の現代化と最新兵器の定着と台湾海峡の配置などで、米国は早期に東アジア戦略およびバランスが変化する可能性を提起しながら、これを土台に台湾兵器販売など安保支援の根拠として活用しようとしています。

 

f:id:bryan0230:20190321133836p:plain

米国は中国軍の活動の透明性を要求しています。なぜならDF-31大陸間弾道ミサイルと衛星迎撃手段の開発など中国軍の戦略的能力の強化が中国軍の現代化が、自国防衛を超えて地域覇権を追求しているのではないかという考えからです。

 

f:id:bryan0230:20190321133850p:plain

米国の要求事項とともに、日本も最近、中国軍の攻撃的な性向に変わってきていると認識しています。中国の積極的防御とは軍事戦略概念はむしろ積極的攻勢を意味すると評価しています。また、中国の軍事的脅威に対する懸念の一つとして日本近海で中国海軍の艦艇が情報収集とともに、海洋調査活動などを進行中であることを挙げました。

 

f:id:bryan0230:20190321133903p:plain

今後、中国軍事力の現代化に成功的に推進されるため、民間の国防科学技術分野の技術革新、中国経済の持続的な成長、そして中国軍指導者たちの軍の現代化に向けた努力と持続性など三つの変数と見て、実際肯定的に発展される際、中国軍は周辺諸国に比べて圧倒的な軍事力を保有するようになり、かなりの脅威的な存在として働くつもりです。


スポンサードリンク