変な自分撮りの写真で非難されている女優の現在の写真

f:id:bryan0230:20190318105339p:plain

新造語は自分撮りと高座を合わせた言葉で自分撮りをしない人を指すが、です。一日だけあの顔で生きれば願いがないようなきれいでハンサムな芸能人の中でも残念にもセルコは存在します。


スポンサードリンク
 

 

彼らがSNSには"顔そんなに使うつもりでしたら、私にくれると"という書き込みが抜けません。ところが、最近セルカスエンニムをかけたように急成長した実力でネットユーザーを驚かせた女優たちがいます。それでは一緒に見てみましょう。

 

ユンセア

f:id:bryan0230:20190318105415p:plain

スカイキャッスルで優雅なイメージと完璧な演技力が大きな活躍を見せてくれた俳優ユンセア。しかし、インスタグラムの中の彼女の姿は、多少理解しにくい自分撮りが溢れますが。

 

f:id:bryan0230:20190318105430p:plain

角度と構図を無視した自分撮りから変わった姿勢まで。別名'自分撮り高座'と呼ばれ、ファンのせつなさを詐欺もしました。この2日ユンセアは180度変わった姿でインスタグラムに登場しました。

 

f:id:bryan0230:20190318105449p:plain

彼女が掲載した掲示物には横に斜めにカメラを見て撮った'自分撮り'写真が入っていたのです。ついに顔を出す習慣を捨てて自分撮り女神として再誕生したユンセア。一緒にスカイキャッスルに出演した俳優オ・ナラが"そうで自分撮りしたよ。こんなに撮ってほしい"とコメントに賞賛を残すもしました。


スポンサードリンク
 

 

カン・ソラ

f:id:bryan0230:20190318105515p:plain

美貌はもちろん、体つきまで完璧に都会的なイメージを漂わせているカン・ソラ。芸能界'自分撮り高座'は俳優のカン・ソラを除いて論ずることはできません。彼女は援助セルコロすでに有名な女優ですが。

 

f:id:bryan0230:20190318105730p:plain

自分撮りをよく撮る人たちは数十、数百枚の写真を撮った後に1枚を当たると言われるが、カン・ソラの自分撮りはまるでカメラをつけて適当に一枚撮ったようです。

 

f:id:bryan0230:20190318105747p:plain

カン・ソラの自分撮りについて遺憾を示している人々が多いと、彼女はセルコから脱するため、技術を研磨したと言うのにです。最近は"辛口の指摘と激励を惜しまず送ってくださった皆さんのおかげです。緊張を逃しません"と明らかにしながら、驚くほど発展された自分撮りの実力を公開したりしました。


スポンサードリンク
 

 

シン・ミナ

f:id:bryan0230:20190318105851p:plain

はっきりした目鼻立ちにすらりとした体つきでグラビア職人と呼ばれるシン・ミンア。しかし、彼女は自分撮りだけ撮れば、崩壊する芸能界の代表、自分撮りバカです。目をはっきり開いて、口元を吊り上げ、えくぼを作った彼の表情はなんとなくSグループの李健煕(イ・ゴンヒ)会長が思い出せます。

 

f:id:bryan0230:20190318105907p:plain

最近カメラらは知ってきれいに補正してくれて人生のショットを拾ったそうですが、彼女のカメラは64万画素ではないかと疑問に思うようにします。超近接写真はもちろん、異なる人と一緒に撮った写真でも一貫したシン・ミナの表情は見る人のせつなさを誘ったりしました。

 

f:id:bryan0230:20190318105923p:plain

ついに彼女もセルコルル脱出しました。シン・ミナは超近接角度から写真を撮ったことにも欠点のない皮膚と完璧美貌が自慢ですが。グラビア写真のように自然に微笑み,ラブリーした魅力が写真でもそのまま表しました。


スポンサードリンク