風景が一体となって家'Mirror Houses'

f:id:bryan0230:20190308010229p:plain

リンゴの果樹園が取り囲んでいるMirror Housesは驚異的な景観の中に位置した一組の別荘だ。ボルチャノ(Bolzano)市近郊南部チロルリアンドルロミテ(South Tyrolean Dolomites)に位置し、建築家ピーター・ピクルロ(Peter Pichler)が設計した。


スポンサードリンク
 

 

素敵な休暇を送ることが独特な機会をプレゼントするMirror Housesは自然がプレゼントする信じがたいほど美しい風景と最高水準の現代建築が調和を成した空間だ。クライアントは、当該敷地にある60年代に改造した農家に居住し、賃貸目的で高級別荘の建築設計を依頼した。

 

f:id:bryan0230:20190308010254p:plain

ここで泊まる客は独立した小さなマンションを使用することができ、自然の真ん中で買った経験を十分に楽しむことができる。設計時に依頼、顧客と別荘居住客のプライバシーを全員できる限りで保護することを考慮した。

 

f:id:bryan0230:20190308010311p:plain

新しく建てた建築物は同郷で客用出入り口や駐車場そして別荘に属した個人庭園を眺めている。各別荘には、台所兼居間があり、天井の大きな窓があって、自然採光と換気が可能な浴室と寝室を備えている。小さな地下空間は臨時に使用する倉庫を提供する。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190308010331p:plain

プロジェクトに与えられた空間を初期に二ままに分けて設計した。全体構造に甘さを与えて各クラブを明確に表現するため、二軒の位置を上下と前後に少しずつ互い違いにデザインした。

 

f:id:bryan0230:20190308010349p:plain

二軒すべて基盤構造物の上に載ったまま浮いている形であり、その下には照明が地面を照らす。このような構造はこの上なく印象的な周りの風景を誇るカンチレバー型テラスにぴったりの選択と言える。

 

f:id:bryan0230:20190308010405p:plain

外壁を大型窓で取引を終え、空間が東を向けて開かれている。ガラス窓が曲線を描いて次第に減少し、ブラックカラーアルミ外装の中に消えていく姿を見せる。

 

西側外壁のミラー・ガラスが別荘の建物とクライアントの定員を警戒して周囲の全景を再現して別荘の姿をほとんど認識できないようにする。

 

f:id:bryan0230:20190308010417p:plain


スポンサードリンク