ソ連時代のブルータルリジュム様式の未来志向的な建築物

1950年代、ロシアがかつてマックス・レーニン主義を掲げたソ連共産党による社会主義国家CCCP(ソ連社会主義連邦共和国)だった時代、ブルータルリジュムイラ呼ぶ建築様式が盛んに行われた。


スポンサードリンク
 

 

それは、冷酷でごつごつした獣のような(ブルタルのような)方法を利用した表現の一種で、大荒れのコンクリート等を利用した彫塑的な表現を特徴としている。

 

f:id:bryan0230:20190306232024p:plain

それは、一時、人たちが心に描いていた未来のSF的な造形をしており、今もロシア国内でその威厳を維持している。

次の写真は、フレデリックショバン(写真集"Frederic Chaubin:CCCP:Cosmic Communist Constructions Photographed")の写真だ。

このフランスの写真作家は2003年からロシアに居住しながら、ブルタルリジュムを持つ建築物の撮影を実施している。

特に、コーカサスバルト海中央アジア地域には急に宇宙へ下りてきたような奇異な建築物が今も残っているという。

 

f:id:bryan0230:20190306232054p:plain

▲ ロシア/サンクトペテルブルクサイバネティックス研究所 (1987年)

 

f:id:bryan0230:20190306232122p:plain


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190306232137p:plain

f:id:bryan0230:20190306232149p:plain

クリミア半島/ヤルタのDruzhba Holiday Center Hal (1984年)

 

f:id:bryan0230:20190306232215p:plain

ジョージア/高速道路 (1970年)


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190306232236p:plain

ジョージア/首都トビリシの Ceremonies (1984年)

 

f:id:bryan0230:20190306232300p:plain

ウクライナ/Het Poplakovの海上のカフェー (1976年)

 

f:id:bryan0230:20190306232321p:plain

▲ ロシア/カリーニングラード共同住宅

 

f:id:bryan0230:20190306232338p:plain

ベラルーシ共和国/首都ミンスクベラルーシ国立技術大学


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190306232354p:plain

▲ ロシア/モスクワルサコープ労働者クラブ (1927~28年)

 

f:id:bryan0230:20190306232413p:plain

ウクライナ/キエフ火葬場

 

f:id:bryan0230:20190306232430p:plain

ウクライナ/キエフの科学技術研究開発研究所

 

f:id:bryan0230:20190306232448p:plain

▲ ロシア/ノートで、ロードの芸能ホールドストイエフスキー劇場 (1987年)


スポンサードリンク