まるでSF映画の世界? ノルウェーで計画中の最新ホテル

ノルウェーの静かな氷河のふもとに位置するホテルは,ラグジュアリーと冒険を兼ね備えている。

注目すべきは,その目を引くのはデザインだけではない。 環境にやさしい,広い地域にも注目するポイントだ。 ホテル"スボゴト(Svart)"は北極圏にある世界初のポジティブエネルギーホテルだ。

f:id:bryan0230:20190306223804p:plain

このホテルの報道資料によると,ホテルはノルウェーの北極アドベンチャー,建設会社スノーホーエータ(Snohoetta),パワーハウス(Powerhouse)による共同で,そのエネルギー消費は既存のホテルに比べて85%減少,自ら必要なエネルギーを生成する。


スポンサードリンク
 

 

ノルウェー北部のスバルティーセン氷河の麓にあるメロイ市に建設される予定だ。 メロイ市は首都オスロから北に約800マイル(約1300キロ)に位置する。

この位置がプロジェクトに与えたインスピレーションは少なくない。

 

f:id:bryan0230:20190306223825p:plain

"エネルギーポジティブが環境にやさしいホテルの建設は,希少種植物と澄んだ海,スバルティーセン氷河の青い氷のような独特の特徴を生かした持続可能な観光名所を作るため欠かせない要素だ"とスノーホータの共同創業者Kjetil Traedal Thorsen氏は報道資料で明らかにした。

ホテルのオープンは2021年だが,メロイ市は10月に既に計画を承認している。 その洗練されたデザインを見れば,人生の中で誰もが一度は泊めたいホテルだと思うだろう。

 

f:id:bryan0230:20190306223845p:plain

▲円形フレームが海岸線でノルウェー北部のオーランドフィヨルド(Holandsfjorden)に広がっている。

 

f:id:bryan0230:20190306223921p:plain

▲その独特の形態は,ゲストがフィヨルドをパノラマで見られるようにデザインされた。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190306223941p:plain

▲ホテルの名前は,周りも納得。 "スボラト"はノルウェー語で"検定"を意味し,濃いスバルティーセン氷河の氷へのオマージュだ。

 

f:id:bryan0230:20190306224000p:plain

▲北極圏にあるから,冬の夜は長い。つまり,美しいオーロラを楽しむ絶好のチャンスが得られるということ。

 

f:id:bryan0230:20190306224018p:plain

▲この完成予想にあるホテルを支える柱には,シーズンを通してさらなる役割が...!?

 

f:id:bryan0230:20190306224039p:plain

▲夏は散歩路で,冬にはカヤックを置く場所の役割をするのだ。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20190306224058p:plain

▲実は,ホテルのすぐ下でカヤックに乗ることもできる。 だが,未来の客が野外で楽しめるアクティビティはそれだけではない。

 

f:id:bryan0230:20190306224126p:plain

▲ホテルはそのウェブサイトで,北極アドベンチャーの名所として強調している。 ゲストは"白夜下でヨガをしたり,美しい海にダイビングしたり地域の旬の味を収穫"できるという。


スポンサードリンク