"億万長者CEO"リチャード·ブランソンの"ラグジュアリーなおもちゃ"?

f:id:bryan0230:20181222232914p:plain

1. ネッカー島|Necker Island

ブランソンの最も有名なおもちゃで有名なネッカー島は,カリブ海地域のバージンアイルランドに位置した74エーカー大のリゾートです。 ここでは1970年代から数多くのA級スターや有名人が個人専用機に乗って来てパーティーを楽しんだ場所として知られています。 彼は5年にわたって1,000万ドルを投じてこの島を素敵なリゾートに変えたが,現在,相場は6,000万ドルまで跳ね返ると言われます。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20181222232948p:plain

 

ちなみに,このリゾートのゲストハウスに住むお客さんは,メインリゾートに向かう時に次のようなジープラインに乗って通うことができます。

 

f:id:bryan0230:20181222233012p:plain

2. ネッカーベル|Necker Belle

ネッカー島で少し退屈だったらブランソンのお客さんは下に見える"ネッカーベル"32m級ヨットを利用できます。 ブランソンは最近3月にこの530万ポンドを投じて購入したラグジュアリーヨットを売ろうと売り出したが,まだ新しい主人に会うことができずにいます。

 

f:id:bryan0230:20181222233052p:plain

3. ネッカー·ニンフ

ディープフライト社が最初に開発したこの3人乗りコンバーチブル潜水艦は,先ほど紹介したネッカーベルヨットに搭載されてきます。 "ネッカーニンフは,水中で360度を回転でき,最大40メートルまで潜水できます。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20181222233126p:plain

4. ディープライトスーパーパルコン

ネッカーのニンフからワンランクアップグレードされたディープライト社のスーパーファルコン潜水艦は,リチャード·ブランソンが現金170万ドルを払って購入しましたが,最大60mまで浸水します。 ブランソンは主に水深の深い所に白象の像を見に行く時,このスーパーパルコンを利用すると言います。

 

f:id:bryan0230:20181222233156p:plain

5. アクアダ | Aquada

変わり者の億万長者CEOブランソンは2004年,世界で初めて開発された高速水陸両用車両"アクアダ"の1号所有者となりました。 その年の夏,ブランソンはアクアダ英国海峡をたった1時間40分で渡り,新しい記録を立てたりもしました。

 

f:id:bryan0230:20181222233223p:plain

6. ディープライトチャレンジ | DeepFlight Challenger

2011年,ブランソンは地球上で最も水深が深いというマラや,海溝を潜めるためにディープライト社と契約を結び,有名探検家のスティーブ·ポセット氏のために"チャレンジャー"潜水艦を共同開発しました。 しかし,探検が始まる前にポセットは亡くなり,現在,チャレンジャーはブランソンのヴァージン·オシアニック会社が担当しています。

 

f:id:bryan0230:20181222233258p:plain

7. バージンマネー | Virgin Money

2008年10月,ブランソンと彼のクルスは30メートルのヨット"バージン·マネー"に乗り,大西洋を渡る目的でニューヨークを出発しました。 しかし,バミューダの三角地帯で高さ12メートルの波に出会って,この冒険をやめてしまいました"


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20181222233328p:plain

8. カイトサーフィン | Kitesurfing

凧を飛ばしてサーフィンするカイトサーフィンは,リチャード·ブランソンの趣味でスポーツの一つです。 2013年,彼は"バージンカイトサーフィンアルマダ"チームを結成し,1マイルのコースを一番多くの人数がカイトサーフィン艦でギネスブックの新記録に名前を載せることもありました。 またブランソンは2012年,61歳で英国海峡をカイトサーフィンで通過させた一番年上の人で新記録を立てました。

 

f:id:bryan0230:20181222233351p:plain

9. バージンアトランティックフライヤー|Virgin Atlantic Flyer

リチャード·ブランソンは海だけでなく,空を飛ぶおもちゃもとても好きです。 1987年,彼は下に見える"バージン·アトランティック·フライヤー"熱気球に乗り,大西洋を初めて渡った人になりました。 そして4年後の1991年には熱気球で太平洋を渡る記録を立てたりもしました。

 

f:id:bryan0230:20181222233418p:plain

10. パルコン50EX

変わり者の億万長者CEOブランソンは自分の個人専用機でパーコン50EXを利用しています。 もともとは,パルコン900EXに乗っていたのですが,ネッカー島に着陸するのが大きすぎて売りさばいてしまい,小さなパルコン50EXを購入しました。

 

f:id:bryan0230:20181222233440p:plain


スポンサードリンク
 

 

飛行機の翼でダイビングとサーフィンを楽しむブランソンと美女たちの姿です。

 

f:id:bryan0230:20181222233514p:plain

11.グライダー

2003年,彼は世界初の飛行機に倣って作られたグライダーに乗って,高さ5mで15mの事故なしに飛行することに成功しました。 エクストリームスポーツにも,淡々としたブランソンはこのグライダー飛行を恐れて,この"おもちゃ"を競売に出すことにしたそうです。

 

f:id:bryan0230:20181222233534p:plain

12. ホワイトナイトツー | White KnightTwo

ブランソンは上空5メートルではなく,宇宙へ飛んでいこうという野望を持っています。 彼は自分の宇宙飛行士であるバージン·ガラクティック(Virgin Galactic)を通じて"ホワイトナイトトゥ"という民間用の宇宙飛行船を開発しました。 現在,1人当たり25万ドル(2億7,800万ウォン)もする宇宙往復チケットは予約販売が終わったと言います。 ブランソンは,自分のラグジュアリー·キダルト,おもちゃ,ホワイトナイトツが宇宙へ飛べるよう,政府の許可が落ちるのを待っています。


スポンサードリンク