見ても信じられない'グーグルアース'に撮られたミステリー写真

f:id:bryan0230:20180918202412p:plain

インターネットと衛星のコルレボレイションはグーグルアースを誕生させ、パソコンやスマートフォンさえあれば、世界各地を見学することができる。


スポンサードリンク
 

 

ロードビュまで提供し、より深く私は映像を提供するグーグルアースは世界の色んな人たちが使っているため、たまにカダがミステリアスな場面を撮影したりもして共有しながらミステリーに対する疑惑を増幅させたりもする。 目で見ていても本物か演出か気になるようにするミステリースポット10ヵ所を紹介する。

ヒマラヤのブラックホール

f:id:bryan0230:20180918202505p:plain

 

ヒマラヤのカンテカおり、と呼ばれるところは高度6,782mに達するとても高い所だから人の足取りがうまくつかないところだ。 ところが、グーグルアースを通じて本山の一部にはまるで巨大なブラックホールのように黒くなった部分がある。

 

ここを見て、人々の意見は分かれていた。 どの国の政府機関が密かに作っておいた出入り口あるいは宇宙人が作っておいたUFOのゲートだなど根拠のないうわさが回った。 しかし、グーグルアースのイメージの処理エラーとは虚無な判定が出ており、現在は一般的な山の姿をしている。

ニュージーランド水中怪物

f:id:bryan0230:20180918202515p:plain

 

ニュージーランドの沖に万を上から眺めた姿なのに、まるで長く伸びた蛇のような形状が見えている。 一般の人々と専門家たちもボートが通りながら作った跡だと思ったが、いくら人工衛星撮影タイミングが良かったとしても、ボートの名残であるとするには非常に長くて鮮明に残っており、ボートの痕跡はすぐ消えてしまっためにその仮説はないだろうという結論に達した。


スポンサードリンク
 

 

また、座標を拡大すれば、浜辺の近くに浮かんでいる船とは違って、写真の中のラインは、全く光を反射しておらず海流の動きとするには、水中に影のようなラインが鮮かに見えている。 巨大な海蛇ではないかという推測もあるが、事実かどうかは未だに明らかになっていない。

飛行機の墜落現場

f:id:bryan0230:20180918202524p:plain

 

グーグル・アースで発見した飛行機の墜落現場は非常に惨憺した。 カリフォルニアのある滑走路でボギーにも深刻な飛行機事故の現場をそのままの形で発見することができた。 飛行機本体は半分に二つに割れていて、翼は折れており、周囲に破片がたくさん散らばっていた。

 

周囲には、警察車両とともに、トレーラートラックも捉えられた。 一般的な事件がないにもかかわらず、ある放送で、事故の顛末を明らかにしていないのに知って見ると、この事件は、米国ドラマ'トラウマ'の撮影のために演出された場面だった。 2009年に撮影をしたが、グーグルアースではこの地域の衛星写真を2009年末頃にアップグレードし、このような誤解を作るようになった。

奇異な色のカリウム

f:id:bryan0230:20180918202534p:plain


スポンサードリンク
 

 

まるでコンピューターグラフィック効果を見ているようなここはアメリカにあるカリウム草というところだ。 誰かが湖に大量のペンキや色素を解いていたずらをしたような感じもするし、どのような汚染によって起こったのかかなり長い間人々は不思議に思っていた。

 

しかし、専門家らの研究としてここ湖の色は自然現象によるが明らかになった。 以前ここは海だったが、海水が抜け、下にあったカリウム沈殿物がここに残って結晶化したために現れたものだという。

手段赤い唇

f:id:bryan0230:20180918202545p:plain

 

手段の砂漠は本当に何もないことで有名だ。 乾燥して40度をはるかに越える燃え続けるような温度で、まるで地獄に向かう扉がここにいないのかと思うように暑くて荒涼と極まりない。

 

全部砂の色だけ持っているここにいきなり赤い唇が登場した。 こんなに熱い大地に、なぜか赤い唇か多くの人々が知りたいと思ったが、事実これは800m程度に及ぶ長い岩と呼ばれる。 しかし、なぜその岩の露出部だけ赤い色だけで見せるか、その理由についてはまだ明らかになったことがない。

地図にはいるが、実際はない島

f:id:bryan0230:20180918202556p:plain

 

ニューカレドニアに位置しているサンディ島は1876年、英国の捕鯨船によって発見がなる。 指導になかった島が現れると、念のために地図に表記をしておき、1908年正式に指導に登録された。 グーグルアースでもすっかりここの位置を表記しておいたオーストラリアのシドニー大学の研究チームがここを過ぎたけど、大海原があるだけで、島は存在しないと明らかにした。


スポンサードリンク
 

 

その島があったはずだと推定される海域は火山活動が活発に起こるところで多くの漂流物があったかもしれており、かつてはいかだのような漂流物を島と勘違いして指導して記録した可能性が高いと伝えられている。

オランダ死体遺棄

f:id:bryan0230:20180918202607p:plain

 

2013年、オランダアルミロードベアトリクス公園で衝撃的な場面が目撃された。 ある人が血を流す死体をずるずるひもまま湖畔に行くようなシーンだが、木の板が真っ赤に染まった。 この場面は'死体遺棄現場'というタイトルで大きな話題になった。

 

消息を見たネットユーザーらは驚きを禁じえなかったが、事実確認結果、犬と散歩をしていた主人がその主人公だった。 水に濡れた犬が歩きながら落ちた水が木の板を濡らし、乾く過程で赤く見せたのだった。

海の上横になっている船

f:id:bryan0230:20180918202623p:plain

 

2012年1月13日、イタリアトスカーナ海岸で11万4千5百トンに達する超豪華遊覧船・コスタコンコルディア号が沈没した。 客室1,500個余りを備えた遊覧船の中には4229人が搭乗しており、そのうちには35人の韓国人もいた。

海岸で座礁して沈没した姿の船がグーグルアースに撮影されたが、まるで海の上に横になっている姿だ。 この事故によって32人の死亡者が発生し、事故当時、船を捨てて逃げた船長には2697年の刑が求刑された。


スポンサードリンク
 

荒れ地のインディアン顔

f:id:bryan0230:20180918202637p:plain

 

カナダのアルバータ州ウォルシュの荒れ地で撮られた場面は非常に有名である。 あまりにも自然景観が美しいことでよく知られたカナダが、自然が作り出したのとは信じがたいほどとても精巧に人の顔が明確に表現されている。

 

特にこの地域は、アメリカ原住民たちが住んでいた時代にアメリカ原住民の顔のように見えるのは偶然にしては鳥肌が立つほどだ。 原住民の酋長のように見える景観から、人々はここにバッドレンズガーディアンという名を付けた。

 

サウジアラビア地獄の門

f:id:bryan0230:20180918202647p:plain

 

サウジアラビア活火山がある地域で、文のようなものが発見された。 最初は単なる自然の造形物のように見えたが、専門家らが実際の踏査した結果、その地域で最も古い人工構造物で明らかになった。 ウェストオーストラリア大学考古学教授と研究陣によると、その構造物は2000~9000年前に遊牧民族が作ったものと推定される石造構造物とし、その個数だけ400社に達した。

 

長方形のこの構造物は多様な大きさによって構成されるが土地で見ると、読み取りにくいためにこれまで研究が大変だったが、グーグルアースを通じて、大規模な遺跡だということを発見することになった。


スポンサードリンク