国際宇宙ステーション(ISS)で宇宙人は何して暮らそうか

f:id:bryan0230:20180910104946p:plain

よくISSといった国際宇宙ステーション(International Space Station)は1988年に建設が始まり、2010年に大体完成された空に浮かんでいる多国的宇宙ステーションです。


スポンサードリンク
 

 

地球の低高度に属する400kmの高さに浮いていながら地球を毎日15、7周ずつ回っています。 、時速27,743.8 kmのおびただしい速度です。

 

f:id:bryan0230:20180910104956p:plain

地上で積んで間のモジュールを休み休み追加して領域を広げているのにおよその停留場工事は終わって、同公社にたくさん使われていた米国のシャトル宇宙往復船はもう運行が終わった状態です。 米国の立場は宇宙ステーションでお金使うのよりは、もう月や火星に執着をしようとするようです。

 

f:id:bryan0230:20180910105018p:plain

現在運営中の国際宇宙ステーションには、米国とロシアの葛藤の中で2024年に退役予定より早くすることに考えがなるが、現在、国際宇宙ステーションには船長の米国出身ランドルフブレスニク(Randolf Bresnik)のほかイタリアン1人ロシアン2人、そして米国人2人とも6人の宇宙人が搭乗中にあります。

 

f:id:bryan0230:20180910105027p:plain

これらは一日中広くない領域の中で自分なりに日課を楽しんでいるが、実は一日中何をしているかちょっと知りたいです。 どこか行って釣りをするわけにもいかず近くの野山に訪れ、登山を言えないし。。。 スンジル多く殺して生きなければならないのがISSだと思いとにかくここで過ごす彼らの生活を写真に移してみました。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180910105037p:plain

ちなみにここ国際友情巨匠で一番長く滞在した彼はロシアのケンナディ・パダルカ(Gennady Padalka)として879日間滞在した記録を持っています。 ISSで地球を撮る写真はこれら宇宙人たちがするの日課中に一つであると考えになるが、かつて私のブログにも頻繁に投稿してあげた記憶があります。

 

f:id:bryan0230:20180910105046p:plain

f:id:bryan0230:20180910105118p:plain

f:id:bryan0230:20180910105126p:plain


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180910105136p:plain

f:id:bryan0230:20180910105148p:plain

f:id:bryan0230:20180910105159p:plain

f:id:bryan0230:20180910105209p:plain

f:id:bryan0230:20180910105220p:plain


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180910105231p:plain

f:id:bryan0230:20180910105241p:plain

f:id:bryan0230:20180910105252p:plain

f:id:bryan0230:20180910105305p:plain

f:id:bryan0230:20180910105315p:plain


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180910105329p:plain

f:id:bryan0230:20180910105341p:plain

f:id:bryan0230:20180910105355p:plain

f:id:bryan0230:20180910105416p:plain

f:id:bryan0230:20180910105437p:plain

f:id:bryan0230:20180910105454p:plain


スポンサードリンク