地獄を連想させる北朝鮮の残酷な政治犯収容所の顧問行動

f:id:bryan0230:20180907225807p:plain

全世界で一度も起きたことがない、唯一無二したことが起こっている。 ヒトラーも試みたが失敗に戻り、スターリンもこんなにまでしなかった。


スポンサードリンク
 

 

東京127°00、北緯40°00'、美しいこの地に錦繍江山に位置した北朝鮮。ただ北朝鮮だけで由来のない地獄図が繰り広げられている。 筆者が今日の話しようとするところは、北朝鮮政治犯収容所である。

 

現在約20万人程度が裁判なしに収容されている。 北朝鮮政治犯収容所は反革命や反体制活動をしたり、潜在的な体制脅威があると判断されている人を全て捕まえたところだ。

 

1. 脱北者が描いた政治犯収容所の顧問

f:id:bryan0230:20180907225842p:plain

起重機顧問:重い石を両手で支える。 この時、足は曲げて腰は伸ばして透明椅子姿勢を維持しなければならない。

 

(かかとを上げなければならない)石を落としたらすぐ死ぬほどの暴行を受けとして、時間が経つほど腕が曲がって肩の骨が砕けた痛みを感じる。 また、上半身が前に傾いているために全身が壊れるような苦しみを感じという。

 

 

f:id:bryan0230:20180907225857p:plain

飛行機飛行顧問:飛行機の飛んだ顧問は絵で見るとおりである。 片足を持って両腕は直角になるように伸びる。 ここでひどい場合にはやはり踵を上げさせる。


スポンサードリンク
 

 

 

f:id:bryan0230:20180907225910p:plain

バイク顧問:両手を伸ばし、膝は伸ばすことも曲げることもできなくする。 その状態でオートバイエンジンかかる音を出し、長期間放置した顧問である。

 

 

f:id:bryan0230:20180907225921p:plain

時計顧問:時計顧問という収容所看守たちが集まって座って妊婦をテーブルの上に上げる。

看守たちが任意に時間を呼べば収監者が腕、脚を使って時計の針を真似しなければならない。 収監者が完全に脱力するまで止まっている場合がない。 (主に妊婦や老弱者を対象に行われる拷問)

 

f:id:bryan0230:20180907225933p:plain

鳩顧問:ハト顧問は高さ60cmの壁に人の両手を束ねたり、手錠で埋めて長時間放置しておいた処罰だ。 体がねじれているために立つことも座ることもできない。


スポンサードリンク
 

 

その状態では眠りも寝る事ができずに、時間が経つほどその苦痛が加重される。 ご飯も食べさせず、24時間の間放置しておくと、腕が全て抜け、胸骨が飛び出して出てくるという。

 

f:id:bryan0230:20180907225950p:plain

板跳びの顧問:板跳びの顧問は、上顧問の中で最も残忍で悪辣な拷問法だ。 先に収監者に特殊製作されたやかん(入り口がホースのようになっていること)で水を飲ませる。

 

船が山のように呼んで来るまで気絶した言葉た水を注入して、起こした後、その上に板を敷いて板跳びをすることだ。 そうなれば、全身の臓器がバラバラになってきた体に穴という穴では血と水が入って出ている。 (上記の図は、妊婦を対象に行う)

 

2. 政治犯収容所の実状

f:id:bryan0230:20180907230003p:plain


スポンサードリンク
 


収容所で与える食事は干し菜少しだけでだ。 3食すべて野菜だけ食べさせている。 一週間に30分日に当たる時間を与えますがとてもお腹が空いた残りの収監者たちが看守たちに内緒で草を食べて食べるという。

 

収監者の80%が栄養失調を患って、毎日のように隣にいた人が死んでいく。 このように死んだ遺体は遺体の保管室に移されが、この遺体保管室の遺体の大部分には目玉がないという。 (ネズミが食いこむ)

 

f:id:bryan0230:20180907230024p:plain

政治犯収容所に入ってきた女性たちの場合、若い女性のみを専門的に暴行する看守がある。 こんなに妊娠した女性は、堕胎をさせたり上で言及した拷問を加える。 娘の場合には裸で体を探索されるが、この時、看守が女性の性器を中心に暴行をする。

 

このような拷問のほか、言うことを聞かない時にはすぐ死んでもおかしくないような囚人や女性を小さな箱に封じ込める。 死んで行く囚人の姿を見守り、すでに死んだ囚人とともに箱で過ごすことになることだ。

 

f:id:bryan0230:20180907230034p:plain

収容所の幹部たちは、絶対に収監者たちによく聞くことはできない。 彼らも同様に加害者であり、被害者機でもある。最初に収監者を人扱いしないよう洗脳をさせる。

 

以前に、収監者たちに優しくしてくれた看守があったのに、その直ちに交代されてどこかへ消えてしまった。 収監者たちに優しくしてくれたら、かえって自分の首が飛んでいくのだ。


スポンサードリンク