モンゴルに旅行に行くなら必ずすべき経験もとめ!

1. ホルホク楽しむ

f:id:bryan0230:20180907141444p:plain

ホルホクは、モンゴルの伝統料理で、熱した石とビタミンローブと実、じゃがいもとにんじん野菜の手入れをされた量の体に入れて、長時間蒸した料理だ。


スポンサードリンク
 

 

特有の羊肉の匂いを楽しむことが準備さえなったら、ホルホクを通じ、モンゴル料理の新世界(シンセゲ)を経験できるだろう。 長い期間ロシアの影響を受けたためにモンゴル人は普通ホルホクとウォッカを一緒に楽しんだりするからお酒が好きならウォッカも添えてみよう。

 

2. 乗馬体験

f:id:bryan0230:20180907141455p:plain

モンゴルに行くと馬はぜひやってみなければならない必須コースだ。 モンゴルの広大な草原で馬に乗った経験は簡単に来ないチャンスだからだ。 馬乗りは思ったより容易だが、手綱をしっかり据えてたまに"秋~"と叫んでくれればいいと。 言葉に乗ることに慣れてしまえば、草原を少しは速く走ったり、、また、木の葉が山積みになっているところを緩やかに歩いてみたりしよう。

 

3. ゲル宿泊

f:id:bryan0230:20180907141505p:plain


スポンサードリンク
 

 

ゲル宿泊はモンゴル旅行のハイライトに挙げられるコースだ。 ゲルはモンゴル伝統家屋で、ゲル宿泊は異色的な姿をしたモンゴルの家屋で、時間を過ごすのだ。 ゲルの中には普通ベッド3個、天井の真ん中に開閉が可能なビニールカバーがある。

 

ゲル周辺には牛と馬など家畜がのんびり草を食んで、空には雲が風船のようにあちこちられている、地上楽園が別にないという気がするほどだと。 ゲルで静かに目を閉じていれば、満開し、ボールを渡る風と共に草原の気運が体に伝わって一生忘れられない思い出を作ることができる。

 

4. エルスンタサルハイ体験

f:id:bryan0230:20180907141514p:plain

エルスンタサルハイは神秘な砂地形を備えたモンゴルの小さな砂漠地帯である。 一目で入ってくる大きくない砂漠丘だが、ここの砂はそのどこの砂とも比べられないほど非常に軟らかい。

靴をはくだけでも、その中で、砂が入ってくるから、砂をまともに感じることが兼素足で歩いてみよう。 また、きれいな砂粒子であるだけに、つるつるして砂そりに乗る変わった的な経験をしてみることもできる。

 

5. 星を見ること

f:id:bryan0230:20180907141522p:plain


スポンサードリンク
 

 

モンゴルの夜空はソウルの夜空とはレベルが違う。 モンゴルの夜、頭をもたげて空を見上げれば華やかな星が降りそうな感じで光る。 モンゴルの星たちは、北極星を中心に非常にゆっくりと同心円を描き、輝くから、写真を撮ることが趣味な人がわざわざモンゴルを旅してモンゴルの夜に三脚にカメラを上げて露出を長くくれて神秘的で美しい写真を撮ったりしている。

 

6. ホッブズゴール訪問

f:id:bryan0230:20180907141538p:plain

モンゴルで二番目に大きい湖であるホッブズゴールは面積が2760平方キロ、水深は最高262mに達する。 ホッブズゴールは以前からモンゴル最高の景観を誇るリゾート地と言われる食堂だ。

 

1990年代初め、ロシアが休養地として開発して利用するほどだったと。 湖ではあるが、実際行くと面積が済州島の1.5倍になるため、海という印象が強い。 ホッブズゴールは、モンゴルの北、海抜高度1600m以上の高原地帯に位置しているために、モンゴルの青い真珠、モンゴルのスイスと呼ばれたりもする。

 

7. ウランバートル歴史博物館の観覧

f:id:bryan0230:20180907141546p:plain

ウランバートルの市内の国立美術館にはモンゴルの歴史がよく展示されている。 欧州まで獲得したモンゴルの歴史が記録された世界地図を見れば、モンゴル帝国がどれほどすごいかを実感することになるだろう。

 

また、'ハルフゴル'から移ってきた高麗の王を留めた石像も2階に展示されていて、モンゴルと韓国が歴史的に連結された地点を直接目撃する意味のある経験をすることができる。

 

8. テレルジのウラン国立公園

f:id:bryan0230:20180907141555p:plain


スポンサードリンク
 

 

森と草原、岩が調和するように調和したテレルジのウラン国立公園は、モンゴルの最大の観光地だ。 モンゴル最高の自然景観を誇るここは多種多様の奇岩怪石と野生化が天地人の野原、鬱蒼と茂った森、波のように広がる青い丘の間にくねくねと流れるトール川が一ヵ所に調和している。

 

また、草原のどこでも遊牧民と会って明るく挨拶する醍醐味も満喫できるが、ここではまるで別世界に来ているようなロマンチックな感じになるだろう。

 

9. ジャイスン記念塔

f:id:bryan0230:20180907141603p:plain

ジャイスン記念塔は、モンゴルが20世紀初頭、中国から独立した後、旧ソ連共産主義に参加し、第2次世界大戦当時、両国の軍事協力を称えるために立てたのだ。 歴史的意味はこうだが、、簡単にジャイスン記念塔はソウルの南山ぐらいに該当するところと考えればいい。

 

つまり、ここに上がれば、ウランバートル都市の全景が一望のもとにパノラマで涼しげに行われる。 ただし、ウランバートルは、都市郊外に課す石炭暖炉のために煤煙で悪名が高いので、年中待機が最もクリーンな時期である夏に最も鮮明な景観を鑑賞することができるということを記憶しておこう。

 

10. ナダム楽しむ

f:id:bryan0230:20180907141611p:plain

ナダム(Naadam)は、毎年7月中旬にモンゴルで開かれる祭りである。 この期間にはウランバートルをはじめ全国各地でモンゴルの伝統相撲である暮風、乗馬、弓術大会が開かれて、家族全員が集まり伝統的な食べ物を食べている。

 

特に暮風はウランバートル東部の国立レスリング競技場で試合がたくさん行われので、モンゴルの伝統テントゲルを100倍程度は拡張したような雄大なこの競技場の中で、モンゴルの伝統スポーツを楽しむことができる異色の体験を楽しんでみよう。


スポンサードリンク