ニューヨークを代表する場所10ヵ所

ニューヨークを定義するランドマーク

セントラルパーク

f:id:bryan0230:20180902223551p:plain

ニューヨークというと多くのセントラルパークを連想する彼らが最も多いのだ。 セントラルパークは、喧噪な大都会、ニューヨークに位置している、録音が生い茂った公園だ。


スポンサードリンク
 

 

セントラルパークは散策路、湖、池、噴水、アイスリンク、動物園などがいて、ニューヨーカーたちに申し分のない憩いの場を提供する。 夏季には芝生でニューヨーク・フィルハーモニックの公演やオペラ公演が無料で開かれる。

 

'ハリーたちの予感'、'ニューヨークの秋'、'私一人で家に'、'セレンディピティ'、'ラブだったマンハッタン'など数多くの映画の背景になったりもした。

 

ランドセントラル・ターミナル

f:id:bryan0230:20180902223634p:plain

膨大な規模のおかげにニューヨークで最も巨大な場所とされるグランドセントラル・ターミナルは、見る人を圧倒する建築様式と工学技術が融合して誕生した空間だ。

 

ニューヨーカーたちの通勤を責任を負う所でもあるこの地は米国ニューヨーク市の42番街とパーク通りの交差点に位置しており、44面67線で乗降場数字だけでは全世界を通して最も大きな駅である。

駅の天井は2,500あまりの星で装飾されている。

 

エリス島

f:id:bryan0230:20180902223722p:plain


スポンサードリンク
 

 

自由の女神像が見守る視線に隣接しているエリス島はニューヨーク市近くにある小さな島で、1892~1934年の間に米国移民者の入国手続きを受けていたところだ。

したがって、よく'新世界に通じる関門'と比喩され、現在は1900年に再建築された建物が大衆に開放されている。

 

コロンバス・サークル

f:id:bryan0230:20180902223813p:plain

コロンバス・サークルは、米国マンハッタン・アッパー・ウェストサイドにある円形広場である。 都市とセントラルパークの間の関門の役割をする四つの独立広場の一つに、クリストファー・コロンブス銅像が広場中心に建てられている。

 

ここは本来馬車が方向を回せるように作られた場所で、クリストファー・コロンブスアメリカに到着してから400年になる年にイタリア系米国人コミュニティーでニューヨーク市にこの空間を寄贈した。

 

タイムスクエア

f:id:bryan0230:20180902223849p:plain

タイムスクエアは、米国ニューヨーク市マンハッタン中心部にある繁華街だ。 ブロードウェイ、7番街、42番街が交差するところに形成されているが、本来名前はロングエーカー・スクエアだったが1903年ニューヨークタイムズがここに移転してきながら'タイムスクエア'という名前が付けられた。

 

19世紀には末、取り引き先業者、馬屋、馬車などで混雑していた地域に当たり、1900年代から、ブロードウェー公演文化が形成され、公演場、劇場、商店、ニュース、売店、居酒屋、飲食店が集中された繁華街に発展した。

 

メディソンスクエア

f:id:bryan0230:20180902223933p:plain


スポンサードリンク
 

 

メディソンスクエアは、ニューヨークのマンハッタンに位置した公園だ。 1845年最初の野球試合が開催されたところで有名なこの場所は富裕な上流層の住居団地として計画された広場だったが、南北戦争以降、緑陰が深まった静かな雰囲気の公園に位置づけられた。

 

静かな雰囲気のために近くで仕事をする人たちが昼食を食べて散歩を楽しみながら彫刻作品などを鑑賞できる所だ。

 

ワシントンスクエアパーク

f:id:bryan0230:20180902224016p:plain

ワシントンスクエアパークはジョージ・ワシントン大統領の就任100周年記念物であるアーチを中心に造成された公園だ。

 

平和で穏やかな雰囲気で'奇跡のシンフォニー'、'ハリーたちの予感'などの背景としても有名だ。 パフォーマンス、展示、公演などがよく開かれるためにニューヨーク芸術家の公演も簡単に見ることができる場所だ。

 

リンカーンセンター

f:id:bryan0230:20180902224102p:plain


スポンサードリンク
 

 

お互いに他のジャンルの舞台芸術が一つの場所に共存する総合センターを目標につくられたリンカーンセンターは、ニューヨーク最大の文化センターである。

 

ここの野外舞台や劇場、オペラハウスでは世界一流アーティストたちのオペラ、コンサート、バレエ、演劇などの公演が開かれる。

 

毎年5百万人以上の観客を動員する芸術の集合体ともいえるここは1年間、公演がつまっているので公演日程を調べて公演も楽しんで内部も見物するのに良いランドマークだ。

 

米国自然史博物館

f:id:bryan0230:20180902224143p:plain

米国自然史博物館では地球の成長過程をひと目で見ることができる。 1877年にオープンしたここは次第に成長を重ねて数十億年の自然の芸術品が満ちている。

 

高さ6m、長さ12mの恐竜柱、緑のクジラ模写、463カラットサファイアの'インドの星'、31トンの重さの隕石などが展示されている。 所蔵品は全部で3千6百万点と、博物館一つが道路の三つのブロックを占めているほどだ。

 

エンパイアステートビル

f:id:bryan0230:20180902224221p:plain

ニューヨークを代表するシンボルであるエンパイアステートビルは、一年平均3百50万人程度の観光客が訪問するところだ。

 

1928年に着工し、しばらく世界で最も高いビルとして位置づけたこの場所は1000万個のレンガや五万トンの鋼鉄で建築されたために今まで一箇所の亀裂も見当たらない。

 

展望台は86階と102階二箇所にあり、天気がいい日には130km先まで見られると。 ニューヨークの夜景を見たいなら、悩みず、エンパイアステートビルで上ろう。


スポンサードリンク