米海兵隊沖縄撤退が速くなる?

全世界には米軍兵力が遠征を離れており、北東アジアに属している日本と韓国も兵力が駐留している。 東北アジアの力関係の均衡の米軍駐留兵力が情勢の変化によって戦略を異にしており、沖縄に駐屯している米海兵隊兵力移動が取り上げられている。


スポンサードリンク
 

 

第3海兵遠征軍と呼ばれる沖縄駐留の海兵隊はキャンプコティからに本部を持っており、ベトナム戦争湾岸戦争に参戦し、東北アジア周辺国を牽制している。 海兵隊が駐留し始めたことは、日米相互条約が結ばれた1960年ブトヨッコ前方配置部隊だ。

 

f:id:bryan0230:20180902201320p:plain

 

北東アジアに位置している韓半島は日本を目前に控えており、南と北が対峙しており、中国とロシアを国境を接している。 中国が経済力を元に軍事力を拡張しており、米国と対立を持っており、地理的、経済的、政治的要衝地といえる。

 

f:id:bryan0230:20180902201346p:plain

 

東北アジアの覇権を獲得するための周辺国の牽制と直接対立を経験している韓半島情勢が急激に変わって、水面下に沈んでいた沖縄に駐留する海兵隊の撤退が水面に浮上した。 2022年から、現在駐留している兵力18,000人の中で8,000人ほどをグアムへ移動する予定だった。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180902201408p:plain

f:id:bryan0230:20180902201436p:plain

問題は、日本と中国が葛藤している尖閣諸島の事態だ。 尖閣諸島を置いて長い間争いをしている中国と日本によって沖縄に駐留している米海兵隊の移動がまだ早いという意見があったが、最近、尖閣周辺が静かになった。

 

尖閣列島は中国に重要な問題ではあるが、武力デモを行った以前とは違って、米国との直接的な対立を経験している。 貿易戦争といえるほど熾烈な対立を経験している状況で、尖閣諸島まで、事態を拡大する余力も必要もないというのが大方の見方だ。


スポンサードリンク