愛する人と一緒にやれば、より良いクロアチア自由旅行コース10

ザグレブ大聖堂

f:id:bryan0230:20180902001402p:plain


スポンサードリンク
 

 

クロアチアの首都ザグレブにある大聖堂のザグレブ大聖堂は13世紀モンゴルの侵略で破壊され、18世紀には火災、19世紀には大地震で壊れた後、再び建てられた。

 

聖堂は高さが77m、広さが46.2mであり、二つの尖塔が空を突くようにそびえているが、丘に定着してザグレブで最も高い建物でもある。

 

世界屈指のバロック様式の祭壇、新ゴシック様式の祭壇などがあり、聖堂に宝物級の遺物が10個以上になって'クロアチアの宝物'と呼ばれる。

 

バンイェルラチチ広場

f:id:bryan0230:20180902001550p:plain

クロアチアの首都ザグレブにある広場のバンイェルラチチ広場は17世紀に建設されたオストゥロ・ハンガリースタイルの広場と市内中心部にある。

 

広場周辺にはクラシック様式とモダン様式など、互いに異なる建築様式の建物が調和し、入っており、美しいパステルカラーのオープンカフェや商店が並ぶ。 住民たちの安息所であり、出会いの場であり、観光客にはザグレブ観光の出発点だ。

 

プリトヴィツェ湖群湖国立公園

f:id:bryan0230:20180902001645p:plain

プリトヴィツェ湖群湖国立公園は、クロアチア最初の国立公園であり、ユネスコ世界自然遺産だ。

 

三万haに達する同国立公園には数千年間、水が流れ、積もった石灰と白亜の自然ダム、16つの湖、90あまりの滝がある。


スポンサードリンク
 

 

また、茶色の熊をはじめ300種の蝶、157種の鳥類、50種あまりの哺乳動物、20種あまりのコウモリ、1200種あまりの天然記念植物が自生しており、約30個の洞窟には鍾乳石が形成されている。

 

ドゥブロヴニク

f:id:bryan0230:20180902001739p:plain

ドゥブロヴニクはダルメシアン海岸にある'アドリア海の真珠'と呼ばれ、6世紀頃都市が形成されて長時間に位相を高めた旧市街地だ。 現在はヨーロッパ人たちが憧れる最高の休養地として位置づけられている。

 

ドゥブロヴニクは1667年の地震で莫大な被害を受けたが、依然としてゴシック様式の建築物、ルネサンスバロック様式の教会、修道院、宮殿、噴水がよく保存されている。 米国ドラマ'王座のゲーム'の撮影地となり、もっと有名になった。

 

聖マルコ聖堂

f:id:bryan0230:20180902001833p:plain

クロアチアの首都ザグレブを代表する建物の一つである聖マルコ聖堂。赤、青、白の美しいチェック柄の土台の屋根で有名だ。

 

屋根の左側にはクロアチア文章が、右側にはザグレブ市文章がモザイクで飾られている。 13世紀に建築されており、ザグレブで最も古い区域であるグラデチュ区域の中心部に位置している。


スポンサードリンク
 

 

ミロゴイ墓地

f:id:bryan0230:20180902002002p:plain

ミロゴイ墓地は、クロアチアの葬儀文化をよく見せてくれる共同墓地だ。 都市の北側に位置しており、ザグレブ大聖堂でバスを乗ってちょっとだけ行けば到着することができる。

 

ここはただの共同墓地ではなく、芸術、建築、庭園、デザイン、そしてクロアチアの歴史を見せてくれた野外博物館のようだ。

 

11月1日オール・ハロウズには愛する人たちが眠る墓に火を灯したランプを置いておく古いクロアチアの風習のおかげに墓地が明るく輝いている。

 

ミマラ美術館

f:id:bryan0230:20180902002051p:plain

ミマラ美術館は、首都ザグレブの西側の国立ザグレブ大学と国立劇場の近くに位置している。

 

1987年ザグレブに建立されており、、一生各種の美術品を収集してきたというユーゴスラビアの国家的英雄トピチミマラが3800点余りの絵画、彫刻、工芸品などを寄贈して建てたものだ。

 

ビュザンティオン時代から印象派にのぼる絵画とギリシャ-ローマ時代の各種遺物、中世の彫刻や工芸品、ペルシアの各種の絨緞(じゅうたん)、中国とイスラム文化圏のさまざまな作品が展示されている。

 

ズリネばつ公園

f:id:bryan0230:20180902002211p:plain

ズリネばつ公園は最初は広場として計画されたが、1873年公園に変えて造成された空間だ。 木や花たちが調和をなして、育まれていて、噴水や彫刻品が用意されている。


スポンサードリンク
 

 

野外展望台やバンドたちが共演する小さな舞台があり、ちょっとした散策路に沿って歩けば、博物館、ギャラリー、商店など・ザグレブの見どころを見ることができる。

ザグレブの市民がのんびりと休息をとる風景の中に自然に溶け込み、余裕を満喫できる空間だ。

 

ストーンゲート

f:id:bryan0230:20180902002317p:plain

ザグレブ市内にある文人ストーンゲートは13世紀に建設されたドアから、丘になったオールドグラデチュ地域を覆った4つの扉のうち、北方を守る門だ。

 

聖母マリアの絵があることで有名で、現在、建築物は1760年に再び建築したものだという。 1731年大火の中で聖母マリアの絵だけが損傷せずそのまま残っていたが、このため、その後奇跡的な絵として崇められ、ストーンゲートは聖地巡礼地となった。

 

ドルラチェ市場

f:id:bryan0230:20180902002357p:plain

ドルラチェ市場は新鮮な野菜と果物、花、手工芸記念品を販売する所だ。 1926年に作られた広場で開かれるクロアチアの代表中央市場で、1930年代から人々が本格的に集まり、現在のザグレブで最も大きな規模の市場となっている。

 

朝早くオープン、午後3時くらいに閉場雰囲気になる。 だから市場で住民たちの人生を感じたければできるだけ午前に行くのがいい。


スポンサードリンク