シンガポールの旅行で楽しむおいしい食べ物

f:id:bryan0230:20180901102140p:plain

東洋の宝物倉庫と呼ばれるシンガポールは、美しい自然と多様な文化が共存する国だ。 多くの観光客たちが毎年の休養地としていくほど多くの見どころと食べ物を誇る。


スポンサードリンク
 

 

特にシンガポールは毎年美食祭りが開かれるほど食べ物に対する情熱が熱い。 ミシュランガイドに上がった高級レストランから国籍を問わず欧州、アジア、アメリカなど幅広いスペクトラムを誇る店でいっぱいだ。

 

また、島国で海を挟んでいるため、新鮮な海産物を仮性費価格にふんだんに楽しめる。 おいしい食べ物と一緒に余裕のあるようにヒーリングを楽しめるリゾート地を探すなら、シンガポールに出国してみよう。

 

チリクラブ

f:id:bryan0230:20180901102225p:plain

 

シンガポールのたべもので'チリクラッベ'を除いては論じられない。 大きくて新鮮なクラブを丸ごと使って甘辛甘いチリソースに調理した料理で、シンガポールを言えば、一番先に言及される食べ物だ。


スポンサードリンク
 

 

嗅覚を刺激する辛口の香りと柔らかいカニそしてダルチャクジグンハたソースに混ぜて食べる炒めご飯も珍味だ。

何よりもシンガポールは海産物が豊富なためにクラブを仮性費良い価格で楽しめるので一日に一度は食べてくれなければならない。

 

ブラックペッパークラブ

f:id:bryan0230:20180901102316p:plain

シンガポールに訪問したのなら、チリクラッベと双璧をなす'ブラックペッパークラッベ'を必ず食べなければならない。

 

トンフチュを挽いて作ったペッパーソースで炒めて作ったブラックペッパークラッベは風味と旨味が優れている。 鼻の先端がずきずきするほど辛い胡椒の香りは、ピリッと味が魅力的だ。

 

食べるほどすっきりしてしきりに手が行く中毒性がある。 初日チリクラブを楽しんだなら、二番目の日はブラックペッパークラブを楽しんでみよう。

 

パクテ

f:id:bryan0230:20180901102402p:plain

'パクテ'は、マレーシア漁労バクーは'肉'、縁は'車'を意味する言葉で、韓薬材と肉をいっしょに煮たシンガポール式の保養食だ。 韓国のカルビタンと同様、実際に味もカルビタンと似て、日本人向けにも適している。


スポンサードリンク
 

 

ジャーキー

f:id:bryan0230:20180901102509p:plain

'ジャーキー'すれば、中国や香港の食べ物だと考える人が多いが、事実の干し肉の本当の元祖はシンガポールだ。

 

全世界的な名声を誇るビチェンヒャンも1933年、シンガポールロチョロードで初めて商売を始めたシンガポールの干し肉ブランドだ。 シンガポールではジャーキーをパククヮラて呼ぶが、主に豚肉を薄く切って乾燥した後、炭火で焼いて出して特有の香りと風味が優れている。

 

ブランド別で味付けが伴うために同じ種類のジャーキーでも比較して食べる楽しさがあるので多様にたのしんでみてほしい。

 

エビそば

f:id:bryan0230:20180901102550p:plain

シンガポールは朝食にも海産物が抜けない。 エビで味をつけた麺料理'フロン米'は、シンガポールで朝食で好んで食べる料理で、ほのかな甘みとさっぱりした汁が絶品だ。


スポンサードリンク
 

 

カヤトースト

f:id:bryan0230:20180901103300p:plain

簡単な朝食メニューや軽食を探しているなら、シンガポールの名物である「カヤトースト」を推薦する。

 

シンガポールの地元の人が朝食に好んで食べるカヤトーストは炭火で焼き上げた食パンにバターで中を満たしカヤジャムをたっぷり塗った後、ココナッツミルクと水卵を添えて食べる。

 

表はカリカリしてだまされしっとりしたら一口ベア食いつくほのかな甘みが口の中に漂う。時にはマーガリンや砂糖をトッピングしたりする。

 

サテ - 焼き鳥

f:id:bryan0230:20180901103439p:plain


スポンサードリンク
 

 

シンガポール、'サテ'も見逃せない。 シンガポールの代表的な街頭食べ物で一種の串クイダ。 ウパーサッ・フェスティバルマーケットでは夕方時間には霧の立ち込めたのに、数列のサテ屋台で焼き鳥のにおいが一杯だ。

 

チキンライス

f:id:bryan0230:20180901103519p:plain

シンガポール、'チキンライス'も欠かせない。 シンガポールの国民の食べ物で、中国南部の海南島で移住した初期の中国人移民者によって由来されて海南風チキンライスと呼ぶ。

 

フィッシュヘッドカレー

f:id:bryan0230:20180901103610p:plain


スポンサードリンク
 

 

'フィッシュヘッドカレー'は名前そのままカレーと一緒に大きな魚頭がのせて出ている。 ビジュアルだけ見れば、多少は奇怪に思って避けて行うようになるが、、一度味わえば、反転魅力を披露する。

 

魚頭が大きく見たら思ったより肉が豊富で肉質もチョルギッチョルギッする柔らかい。 魚の肉をむしって普通のご飯や難を添えて食べる。 ただ、臭みが苦手な人なら、避けた方が良い。

 

プライドケロッケーキ

f:id:bryan0230:20180901103659p:plain

一口の大きさに切った大根や卵の白身、ハイガイ、米の粉をいれていためたあと甘い味がする醤油ソースで味をつけた食べ物だ。 シンガポールだけの珍味を味わいたければ必ず味みることを推薦する。


スポンサードリンク