オーストリアのウィーンに旅行を行った場合、必ず行ってみ行う名所

風味が良いウィーンコーヒーとソーセージ、世界的にも有名なウィーン少年合唱団、天才音楽家モーツァルトなど、空の場合、意外に思う私のものが多い。

特にビンの都市の魅力は、他のヨーロッパとは明らかに異なっている。


スポンサードリンク
 

 

オーストリアの首都であるにもかかわらず、煩雑がない。だからといってあまりに退屈でもない。欧州特有のヴィンテージ感と清潔感を同時に持っているロマンチックな都市であり、ハプスブルク王朝の歴史が込められており、威厳とクラシックの真髄を味わうこともできる。

オーストリアひっそり感じることができる空で見逃してはならないスポットを紹介する。

 

シュテファン大聖堂

f:id:bryan0230:20180831234456p:plain

空の魂と呼ばれるシュテファン大聖堂は300年に渡って1147年に完成された。しかし、12世紀に大火災が発生して2次世界大戦のために破壊され、再建と再補修を重ね、

 

今の姿に至った。初めて向き合う瞬間、その大きさと威厳に一気に圧倒されてしまう。内部に入ると、壮大さ、弾性が自然に出る。鐘楼に登る空の景色を眺めることができ、25万枚のタイルで作られたモザイク屋根の風景も見逃してはならない。

 

また、ここでは、天才音楽家モーツァルトの豪華な結婚式と葬儀が行われたところでもあり、地下の墓には、オーストリアの歴代王と黒死病で死亡した約2,000人の遺骨が安置されていることもある。

 

シェーンブルン宮殿

f:id:bryan0230:20180831234530p:plain

美しい噴水という意味を持っている宮殿に1560年代に初めて建てる始め1700年に完成した。

マリー・アントワネットが過ごした場所であり、6歳だったモーツァルトが演奏していた部屋には、ナポレオンがオーストリアの統治時留まっ部屋など、歴史的に興味深い場所が多いことで有名である。


スポンサードリンク
 

 

しかし、そのようなものはすべて後にして、観光客の目を引くのは、まさにドゥノルゲ広がる庭園である。

かなり広い規模にもかかわらず、管理が非常によくなっている。庭園の端に行くと、18世紀のプロイセン敗北を記念するために作成されたグローリーの縁建築物があり、ここに上がって眺める宮殿の景色も美しい。

 

ベルヴェデーレ宮殿

f:id:bryan0230:20180831234608p:plain

オーストリアバロック建築の巨匠と呼ばれるヒルデブラントが設計したところで、世界文化遺産に指定されたほど美しいバロック建築様式を帯びている。

 

ここでは、尚宮とハグンに分けられるその間に広大なフレンチ庭園が位置している。美しい宮の姿を目に追加も行くが、多くの人々がここを訪れる他の理由は、まさにクリムトの作品を見ることができるからである。

 

黄金の図は、展示館を一気に圧倒する。そして彼の影響を受けたエゴン・シーレの作品も一緒に鑑賞みることができる。

 

ピグミュラー

f:id:bryan0230:20180831234637p:plain

花より団子としたのか。空から100年の伝統のシュニッツェルグルメとして知られてピグミュラーに訪問してみよう。

 

シュニッツェルは、オーストリアを代表する料理で子牛の肉や豚肉をハンマーで叩いて柔らかくした後、小麦粉と卵、パン粉をつけて揚げたカツの一種である。

 

多くの人が人生シュニッツェルと絶賛するほどの味にあってはまさにユニークである。王トンカツを連想させるようにかなり大きいサイズにビール一杯まで添えたら最高の食事になるだろう。

 

ゲルントナー通り

f:id:bryan0230:20180831234709p:plain


スポンサードリンク
 

 

旅行のもう一つの醍醐味はショッピングである。

あえて買わなくても、目で楽しむショッピングも大切な思い出になる。空の旧市街中心部にあるシュテファン大聖堂から国立オペラ劇場までの距離をゲルンパートナーの距離と呼ぶお土産店やブランドショップ、レストラン、カフェなど様々な見どころと食べ物が集まっており、見物する面白味がかなりある。

 

まるでテーマパークに来たような感じがするほど部屋の両側にずっと並んだ古風な建物を巡るもよし、ここを背景に写真を撮ってもいい。

 

ウィーン国立オペラハウス

f:id:bryan0230:20180831234744p:plain

パリ、ミラノとヨーロッパの3大オペラハウスとして知られて場所にVIP席の旅行者に多少負担になる量であるがスタンディング席安価に利用することができますので、音楽の街で直接オペラを鑑賞してみるのも素晴らしい思い出に残るものである。

 

第二次世界大戦当時、廃墟になってしまっ都市の建物の中で一番最初に復元を開始したところであるだけに、ここの人々はオペラハウスをどのよう特別にここか推測される。

空に闇が降りた後、歩いて三、ここの周りを振り返ってもいい。空の夜を照らすオペラハウスの景色がとても美しいからだ。

 

ホーフブルク宮殿

f:id:bryan0230:20180831234850p:plain

ハプスブルク家の長い歴史を持つ場所に13世紀から1918年の帝国滅亡まで王家の王宮で使用された。


スポンサードリンク
 

 

グワングンと新宮殿に分けられるグワングンはウィーン少年合唱団が公演する王室礼拝堂と第一次世界大戦前まで皇室のすべての宝物を保管した王室宝物館などで使用しており、新宮殿は、現在の大統領執務室や博物館として使われている。

 

都市の中の都市と呼ばれるほど、その規模が相当のに600年に渡って、常に新しいフォームに建物を浮かべ、その規模を広げたからだ。

 

美術史美術館

f:id:bryan0230:20180831234931p:plain

ビン音楽だけ有名なものではない。特に美術史美術館は、パリのルーブル美術館とマドリのプラド美術館とともに欧州の3大美術館に数えられている。

 

マリア・テレジア広場横に壮観なルネッサンス様式の二美術館があり、一つは、美術史博物館、他の一つは、自然史博物館である。

 

数世紀の間、ハプスブルク家から集められた美術作品と、複数のスポンサーが寄贈した作品をもとに設立されました。

 

ウィーン自然史博物館

f:id:bryan0230:20180831235017p:plain

美術史美術館を観覧した場合に直面している自然史博物館も見学が良い。オーストリア女王だったマリア・テレジアの夫であるフランツ・1世珍しい鉱物や動植物を収集するのが趣味だったが、そのコレクションをもとに設立されました。

 

英国サンデータイムズで選定した世界10大美術館の科学博物館では唯一の名前を上げることもしたほど先史時代から現代までの自然に関する資料が膨大に展示されている。

特に人類の歴史の中で最も古い美術彫刻として知られるヴィレンドルフのヴィーナスが所蔵されている。

 

ウィーン国会議事堂とウィーン市庁舎

f:id:bryan0230:20180831235118p:plain

ウィーン国会議事堂は、古代ギリシャの民主主義を念願し、ギリシャパルテノン神殿をモチーフに1873年に完成された。

 

外観だけでなく、建物の内部もグリークの柱を立て、建物の前には知恵の女神アテネが左手には、ウィンドウを、右手には勝利の新ニケを持って立っている。徒歩で10分ほどの距離にある空の市庁舎は、1883年に完成したがゴシック調の様式で美しく建てられた。

 

市民はここで休息を取ってゆっくりと送信もします。特にクリスマスシーズンになると、大規模なクリスマスツリーと美しい照明で飾られ、大型マーケットが開かれる。


スポンサードリンク