飛行機のブラックボックスがオレンジである理由

飛行機が墜落してもブラックボックスが残っている理由は、材質が硬く、高い圧力に耐えることができるよう作られたからである。


スポンサードリンク
 

 

ブラックボックスは、通常の合金またはプラスチック類の材質で作られる、合金は、純粋な金属よりも延性と強度に優れたものを使う。

 

f:id:bryan0230:20180831223936p:plain

 

このおかげで、ブラックボックスは、自重の3400倍程度に耐えることができ、摂氏1100度高温でも30分程度耐えられる。また、深海底のように高い圧力でも一ヶ月ほど耐えることができます。

 

ブラックボックスとすると、すべて操縦記録を保存する飛行記録装置(FDR)を表す、普通の飛行機の尾部に設置される。この場所にインストールされている理由は、飛行機事故が起きたときの衝撃を最も少なく受ける部分だからだ。


スポンサードリンク
 


ブラックボックスは、遠くからでも簡単に見つけることができるよう、蛍光オレンジ色に作成され、事故が起これば、常に35.7kHzの電波をエクスポートするようなっており、追跡が可能である。

 

f:id:bryan0230:20180831223946p:plain

 

飛行機にはブラックボックス以外にもコックピット音声記録装置(CVR)もあって、事故を吸う直前いくつかの会話をしたのかも分析することができる。どちらかでも見つけることができるようにFDRとCVRは飛行機の異なる場所に設置する。


スポンサードリンク