AppleのARヘッドセット、2019年に出てくるか?

Appleサプライヤーである台湾のQuanta Computer役員が、現在開発中の拡張現実(AR)デバイスが2019年までに必ず市場に登場するとコメントした。会社が参加しているのは、Appleの製品との噂が以前からあった。


スポンサードリンク
 

 

- 「2019年には出てくるだろう」

 

f:id:bryan0230:20180831133747p:plain

 

Quantaの副会長のCCレオン氏は、現地時間14日、同社の7〜9月期の業績発表で、現在ARプロジェクトに取り組んでおり、ARデバイスに必要な光学技術を研究していると明らかにした。

また、現在開発中のARデバイスが市場に出てくる時期について「2019年までに遅延はないだろう」と述べたが...


現段階での方案として浮上しているAR装置は、「ヘッドセットのような機器で、透明なレンズを搭載し、ユーザーは、レンズを介して周囲を見たり交換することができる」と述べた。


スポンサードリンク
 

 

AppleのARヘッドセットといえば、最近Bloombergは「2020年度に出荷のために開発を加速している」と報道。

 

f:id:bryan0230:20180831133757p:plain

 

- AppleのAR装置、価格は1,000ドル以下?

 

レオン副会長は、会社が担当しているAR装置がどの会社の製品であるかについては言及しなかったが、Appleの製品であると知られている。

 

また、この副会長はAR装置の価格情報については、おそらく1000ドル以下になると言って、ARとバーチャルリアリティVR)の中間ともいえるMicrosoftのHoloLensヘッドセットは、現在の300 4十万ウォン程度で販売されている。

 

 

f:id:bryan0230:20180831133810p:plain

 

Quantaの最大の顧客はAppleであり、同社はMacBookApple Watchの主要サプライヤです。 QuantaはまたAmazonGoogleFacebookMicrosoftなどの主要IT企業にも、データセンターのサーバーを提供している。


スポンサードリンク