私たちが知らなかった7つ暗い世界の歴史的事実

時代が変われば良いものと悪いものの定義も違ってくる。立場が変われば解釈が変わって、絶対的な価値は存在せず、定義は常に流動的である。

 

学校教育で可能な限り事実に基づいて歴史を学ぶことが望ましいが、あまりに衝撃的な出来事であるか、過去の自国で平然と行われていた人権無視して、差別の事実を隠蔽したいとき、あえて教えないように選択することができる。


スポンサードリンク
 

 

ここで伝えるのは、20世紀と21世紀に起こった衝撃的な歴史的事実である。

 

f:id:bryan0230:20180831112258p:plain

▲1. 招待スターウォーズの公開時点では、まだギロチン処刑が行われた(1977年フランス)

 

米国の場合、公開処刑が最後に開かれたのは1936年である。上の写真は、これらの最後の時期に実施された処刑のいずれかの姿である。

 

フランスで最後にギロチンによる公開処刑が行われたのは1939年。その後、広場など目立つ場所で日光の下で行われることはなくなったが、ギロチンによる処刑は続けられた。

 

フランスで最後にギロチンによる処刑が行われたのは、初代「スターウォーズ」が公開された1977年である。処刑されたのは、殺人などであるが、映画史に残るシリーズが誕生した年にこのような制度があったことに驚きを禁じ得ない。

 

f:id:bryan0230:20180831112321p:plain

 ▲2. コンゴで拉致動物園のサルと一緒に展示された男


スポンサードリンク
 

 

太田ベッカというコンゴ不足出身の男性で、西洋世界とは別の言語を使用して、他の衣装を着ていた。残りは、一般的な人間とは何の他の点がなかった。

 
しかし、西洋の冒険は彼の姿を珍事に考えて、アメリカに連れて動物園に展示することにした。彼は猿のように監禁されて、人々の好奇心に満ち目にさらされた。

 

驚くべきことに、当時の人々が罪もない人を、まるで動物のように刑務所に閉じ込めても特に問題ないと思っていたのだ。後太田ベッカは、刑務所から出てきた、この体験で精神に異常が生じ自殺した。

 

f:id:bryan0230:20180831112339p:plain

▲3. 20世紀以前のヒステリー患者

 

現在ヒステリーは解離性障害、身体表現性疾患となっている。

 

ところが、19世紀初頭までに、精神科医の間では、ヒステリー症状は挫折から来る骨盤うっ血によるという認識が一般的であった。ヒステリーは女性特有の疾患であると考えたため、古典的なギリシャ語で「子宮」を意味するギリシャ語の「ὑστέρα "この名付けられた。

 

当時の女性は、キリスト教の教えに基づいて優雅さ、快適さ、規律が求められていたため、性行為を望むことは、社会的に異常な行動とみなされたものである。

 

また、治療法は、絶頂感を味わうことがあり、女性用器具が発明されたのは、元の治療が目的だったとしたら驚くべきだ。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180831112359p:plain

▲4. レオポルド2世治下の精神的な拷問

 

19世紀のベルギーの国王レオポルド2世の統治により、コンゴに暴力と混乱が流布した。写真の男はゴム採取クォータを満たしてなかったので、娘を殺害した。また、自分の娘の切断された手足を無理やり見せてくれたり...

 

当時のコンゴ自由国では、このようなことが一般的に行われていた。資本主義が支配する世界では、作業割り当て達しは、まさに死を意味する。

 

彼らに与えられたゴム採取クォータはあまりにも過酷なであり、必然的にこのような罰があちこちで行われた。元父の誤りにその娘が被害を受けること....考えただけでもとても怖い。

 

f:id:bryan0230:20180831112416p:plain

▲5. 政府の人体実験の犠牲者となった人々

 

1932年、米国アラバマ州片田舎で数百人の黒人男性が被害者となった。彼らは無料の医療と食事と引き換えに実験に参加することに同意したが、その一部は梅毒感染者であった。また、感染していなかった人は、何も教えず、感染させた。

 

研究の目的は、梅毒の経過を観察することであった。しっかりとした治療を受けることができた参加者は誰もいなかった。梅毒の治療法が発見された後でも、やったである。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180831112434p:plain

▲6. ロボトミー手術

 

1940年代初頭から50年代末までにロボトミー手術が行われていた。これは、目のどの部分にツールを挿入すると、前頭葉の神経を切除する手術で、抑うつから同性愛(当時精神病であると考えた)まで、さまざまな精神疾患を治療するために行われた。

 

f:id:bryan0230:20180831112452p:plain

▲7. ロシアの飢饉

 

飢えほど人間を広幅にすることはないだろう。 1921〜1922年にロシアで発生した飢饉は飢え人々が人肉に手を出すほど悲惨な状況だった。

 

体力が落ちた子供が飢え死ぬ親は遺体を埋めず、それを食べた。元飢饉が発生したのは、第一次世界大戦とロシア国内の内戦のせいだった。 500万人以上が餓死と推定され、ほとんどの人が生存のために人を食べるしかなかったのだ。


スポンサードリンク