思わず恐ろしい、宇宙に関する恐ろしい10の事実

宇宙はまだ驚きと神秘と魅力的にあふれている。人類の飽くなき探究心は、未知の宇宙に挑戦してきた。そして数多くの事実が明らかになっている。

 

床を知ることができない宇宙、それは闇の世界。宇宙服は、少しだけ破れも致命的である。ここでは、地上の生活とは全く別の宇宙の本当に恐ろしい事実を調べてみよう。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180831030748p:plain

▲1. 人類史上初の宇宙遊泳で死ぬ明らかロシアの宇宙飛行士

 

1965年3月には、アレクセイレオスミノフは、人類として初めてソ連の有人宇宙船、ボスフォト2号で出てきた宇宙遊泳しようとした。たくましく突出彼だったが、予期せぬ出来事に巻き込まれる。

 

宇宙遊泳中に、レオスミノフの宇宙服が膨張して船上に戻ることができなくなったのだ。だから宇宙服の空気を抜いて船内に入ることができましたが、それだけではなかった。

 

帰還時には船内の酸素濃度が上昇して爆発の危険性に脅威た。ボスフォト2号大気圏に再突入ルートから外れ極限のシベリアに着陸、そこには、空腹クマとオオカミが動き回る密林だった。

 

f:id:bryan0230:20180831030757p:plain

▲2. アポロ計画でトイレのトラウマ

 

アポロ10号の乗組員が「船内を漂う糞」に対処しなければならなのは有名な話だ。また、アポロ7号では、大便の殺菌剤を注入する悪臭漂う作業をした。


スポンサードリンク
 

 

その臭いは、深い眠りに落ちていた乗組員も起こすほどだったという。宇宙環境では、袋の中に用事を見て、そこに防腐剤を入れていた...

 

f:id:bryan0230:20180831030805p:plain

▲3. 宇宙を漂うもの

 

宇宙開発の黎明期には、数々の動物実験に使用され、その中には戻って地球に戻ることができなかったこともあった。その後、その死体はどこに行ったか?

 

過去の失敗の任務では、すべての船が回収されたわけではない。それは人間を乗せて軌道まで打ち上げられたものも同様である。

 

f:id:bryan0230:20180831030814p:plain

▲4. 巨大なブラックホールがさまよう(時速480万km)

 

宇宙には太陽より万倍重い超巨大ブラックホールが時速480万kmという速度で暴れていることが知られている。 B31715 + 425というブラックホールの場合、現在の地球から20億後年のポイントにある。

 

専門家によると、ブラックホールの性格から推測すると、他の銀河に衝突したとき、それを引き裂くしまうという。これら裸ブラックホールや不良ブラックホールと呼ばれ、もう一つのブラックホールが存在するかもしれない。

 

f:id:bryan0230:20180831030829p:plain
▲5. 窒息の恐怖

 

1971年7月には、ソユーズ11号の乗組員3人が大気圏再突入を準備する間に、船内の空気が失われたこと戻ってくることができない人となった。それは一体どのような状況だったのか?これらの減圧の恐怖から生還した人がその経験を伝えている。


スポンサードリンク
 

 

彼はジョンソン宇宙センターの真空室で働いていた技術者である。作業中に誤って宇宙服の空気を抜いてしまって、数秒で意識を失った。失神寸前の最後の記憶は、舌の水分が沸騰感覚だったという。

 

その人体への影響は、極低圧力を受けていた時間に応じて様々である。長くなると、肺が拡張(息を停止すると、破裂)血管が閉塞される。場合によっては、酸素欠乏に失神し、苦痛を感じないだろう。

 

f:id:bryan0230:20180831030839p:plain

▲6. 予告なしに衝突する隕石

 

科学の進歩により、危険な隕石の軌道を検出することができるようになった。だからといって、小さな隕石衝突まで知ることができるとそんなではない。

 

2013年にロシアの住民は、ウラル山脈に破片を撒きながら突進してくる隕石にさらされた。この事件で、数百人が負傷し、隕石がもう少し大きかったら死傷者数は一気に数倍優れて上がったのだ。

 

f:id:bryan0230:20180831030849p:plain

▲7. 宇宙服で溺死

 

船外活動時宇宙服は、冷却と水分補給のために水が搭載されている。しかし、万一故障やしまえば宇宙服で溺死する危険がある。

 

これが現実になったのが、イタリアの宇宙飛行士ルカファロ三田ノある。彼は作業中、突然、水が首の後ろまで膨張することを感じた。

 

幸いなことに、同僚の宇宙飛行士の誘導のおかげで出入口まで辿り着くことができたが、その時の鼻から水が入ってきていた。焦った彼の耳付近の安全弁を解除しようとまで考えたという。そうすれば死んだものである。

 

f:id:bryan0230:20180831030900p:plain

▲8.  1年間の宇宙の生活。水は尿や汗


スポンサードリンク
 

 

船から水は貴重な資源である。だから、あらゆる水が使用される。宇宙飛行士は、自分の尿や汗をリサイクルして飲まなければならない。その量は約730リットル。

 

ちなみに尿を飲むことができるまでの8日間の処理が必要であるとする。

 

f:id:bryan0230:20180831030910p:plain

▲9. 文字通り命を吸い取る星

 

「ヴァンパイアスター」と呼ばれる星がある。この星は、自らが生きて動くために近くの星の生き血を吸い取るとする。

 

質量が少なくないが、より小さな星は近くの星を狙い、水素燃料を吸血。それに質量が増加する。そして、より熱く、強烈な青を帯びるようになる。

 

f:id:bryan0230:20180831030919p:plain

▲10. 足が脱皮

 

宇宙旅行は、皮膚の古い角質や毛穴の汚れをなくす効果的かもしれない。軌道に1ヶ月滞在になると、足の裏の角質が落ち始める。

 

宇宙飛行士ドナルド・ペティットはこう言った。

「足が爬虫類のように脱皮された。足の裏がプソクプソクピンク色になってしまう」という...


スポンサードリンク