将来的にはApple Watchで心電図測定が可能なのか?

AppleApple Watchに心電図監視機能を統合する研究を続けていると、海外メディアBloombergが報じているが、ソースはこの計画に精通した人物の情報としているが、実際には、この機能痕今後Apple Watchに搭載されるかはまだ不ツミョンした状態である。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180831024529p:plain

 - 不整脈検出に役立つ

 

現在心電図の測定には、医療機関や救急車内など限られた場所以外では、専用の医療器具の装着が必要である。この装置をApple Watchに置き換えることができれば、長時間心電図測定に心臓病を早期に発見することができるという。

 

また、Bloombergは一般論として、Apple Watchのように着用することができる装置による心電図測定は、不整脈検出に役立つと考えている医師の意見を掲載しています。


ただし、この開発計画の詳細情報提供者は、Apple Watchにこの機能が搭載されるかはまだ明確ではないとする。


スポンサードリンク
 

 

もしApple Watchに心電図を測定し、これを病気の治療と予防に活用すれば、政府の医療機器で認証が必要である。

 

f:id:bryan0230:20180831024539p:plain

 

となると、Apple Watchの製造コストの増加につながるかもしれない。これらのことを総合的に判断してApple Watchに心電図測定機能の搭載するかどうかが決定されるものである。

 

- ファッションの健康とフィットネスの

 

Apple Watchは初代の発売時には、2千万ウォンを超えるエディションモデルを販売するなど、ファッションアイテムとしての存在を強くアピールした。


スポンサードリンク
 

 

しかし、Apple Watchの利用方法が確立されたことにより、次第にAppleが考える用途も健康&フィットネス管理に方向を転換している。

高額エディションモデルの販売は終了し、代わりにナイキとのコラボレーションモデルの販売が始まったのは、象徴的なものかもしれない。

 

f:id:bryan0230:20180831024551p:plain

 

また、今回の心電図測定に加えて、Apple Watchで血糖値測定を可能にする研究も続けられているという。また、既存の心拍センサーで不整脈を検出するための努力も始まって​​いる。

これらの研究にもApple Watchの用途で健康維持、管理が重視されていることの表れと考えられる。


スポンサードリンク