ボディアーマーの社長、性能を証明するために妻に銃を?

キャンペーンをしてみたり、TVで広告を熱心にしたり、より多くの人々に、その商品を買ってもらうために、積極的にアピールすることが重要である。

 

特にその安全性をアピールするには、実際に人の前で安全であることを証明するのが最も効果的な方法である。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180831021552p:plain

 

コロンビアのボゴタに拠点を置くセルジュメーカー、ミゲルカバーゼロ社とんでもない考えだが、製品広報効果があるかのような試みをして目を引いた。

 

その製品の機能を実証するために、社長である夫が妻に銃を撃ったのだ。

 

- 自分の妻を銃で撃つ見えるという強いPR

 

f:id:bryan0230:20180831021613p:plain


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180831021622p:plain

 

1990年代に設立されたミゲルカバーゼロ社以来、アメリカでの販売拡大を目指しているという。

 

3ヶ月前にマイアミ流通センターをオープンして、すでにフロリダとカリフォルニア州テキサス州、数店舗で「MCアーマー」のブランド名で製品を卸しているところだ。

 
この米国進出プロジェクトの指揮をしたことがミゲルカバーゼロさんの妻であるカロライナ・バレステロス氏である。必ず、米国で成功したいと思う...と思った夫婦は、販売促進を目的とし、その製品を着て銃で撃つのアイデアを実行することにした。

 

- 近い距離での撮影.....生きている!

 

f:id:bryan0230:20180831021637p:plain


スポンサードリンク
 

 

従業員が見守る中...発射実験を強行。

 

- このボディアーマーはヒット商品になるだろうか?

 

f:id:bryan0230:20180831021652p:plain

 

f:id:bryan0230:20180831021720p:plain

 

ミゲル氏は、このシーンを撮影したことについて....

 

失敗しても決して後悔しないことを誓った。彼女は米国市場を開拓したいと考えており、私はそれをすべての方法に有用されてたかっ....

 

今回カロライナさんが着用したのは、38口径や22口径と9ミリ拳銃から身を守ることができる防弾ベストに見えないほど、洗練された美しいラインが特徴。重さは約1kgで、価格は約6万円


スポンサードリンク